出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

ではまた、板の上で会いましょう。

10
旅最後の朝。原子核メンバーもこれからめいめい来年まで、それぞれの仕事に戻ります。取り敢えずはバイバイ。そして有り難うございました。旅の善し悪しは正直、メンバーで決まると思います。今回の旅はホンマに面白かった。それぞれが助け合い励まし合い、大きな事故もなく終わる事が出来ました。みんなほんまエエ人達、、、。おおらかで笑いの絶えない楽屋でしたね。また来年五月、原子核の稽古がスタートします。その時はまた、よろしくお願い致します。僕はいよいよ大阪入りです。原子核の皆さん、どうかお元気で。ではまた、板の上で会いましょう。

2008年10月30日 (木)

千秋楽

原子核クラブ、中部北陸シリーズ。最後の土地、直江津での舞台が終わりました。関係者並びに、ご覧になっていただいたお客様、本当に有り難うございました。長い長い旅公演。無事に終了いたしました。今は万感の思いでいっぱいです。数々の温かな劇場。今回の原子核クラブをもって最後になるかもしれないという場所もありました。本当に寂しい事です。今日、客席に幾人かの高校生を見つけました。僕も高校生時代は神戸労演の会員でした。客席から芝居を見る興奮。素晴らしい芝居を見た後は、まるで自分自身が大きく生まれ変わったような気がしました。僕を育ててくれた客席での経験は以後の人生に大きな影響を与えてくれました。もっと、もっと僕のような学生が増えてほしい。心からそう思います。直接、親や先生から教わるとなかなか受け入れにくい教訓も舞台は優しく語ってくれます。当然、自分の好みではない芝居もありました。しかしそんな芝居でも心の中でぶつぶつ文句を言いながら観ている内に不思議と自分自身の考え方、独自の価値観が養われて行った気がします。「大切な事」は画面やスクリーンからではなく直接聞いた方が心に残る、そう思います。日常の僕は人に悲しい涙を流させる事しかできません。感動した涙はここでしか流させる事が出来ないのかもしれません。これからも気を引き締め精進します。本当に本当に有り難うございました。
Dsc00947_3

2008年10月29日 (水)

タワー・オブ・新潟

Dsc00935
新潟タワー、正式名レインボウタワーです。新潟駅から少し離れた町の中心にそびえ立つ、全方向型虹色タワーです。写真の通りクルクル回りながら頂上を目指します。約10分間で最上部に到達し料金は450円。良心的な値段ではないでしょうか。今回は乗りませんでしたが初めての新潟の旅公演の際、ソタと乗った記憶があります。乗客は我々の他にいかにも「二人っきりでタワーに乗って最上部でチューするつもりだったであろう高校生カップル」のみでした。ふふふふ、、若人よ。そうは問屋がおろさないのだよ、、、。チューくらい家でせい、家で、、、。でもちょっと可哀想な事したかな?今回は我が座組を代表して?しげる君がタワーに乗りました。しげる君曰く、自分と運転手のおじさんと二人きりで、聞いてもいないのに「ほら、あれが佐渡。見える?」「ほら、あれが信濃川。」「ほら、あれが原宿にもあるラフォーレ。見える?」と色々説明してくれたそうです。ラフォーレはどうでもええやろ、、、!と思ったがとても楽しかったとの事。うーん、折角下までいったんやから俺も久しぶりに乗ったらよかったなあ。

2008年10月28日 (火)

未知の味

Dsc00874
トーヤーマーブラック!!富山で食べた富山ブラック!!何でも、激塩辛いと有名なラーメンらしいのですが、、、。正直、楽勝でした。周りの制止を振り切ってワンランク上の「濃いめ」に挑んだ僕ですが、普通に美味しかったなあ。関西人=薄味好きという定説を僕は地で逆行しております。濃い味ほんま大好き。でもね思うのですが、関西人は決して薄味好きと言う訳ではないのだと思います。極端に言いますと「今まで濃い味付けを知らんかっただけ。」なのでは、、、?僕が小学生の頃、世の中で一番こってりしたラーメンはどさんこラーメンのミソラーメンだと思っていましたからね。当時、豚骨なるスープがこの世に存在することすら知りませんでした。初めて豚骨を味わったのは、、、確か大学入ってからやったんちゅかな?しかも東京で。最初に入った博多ラーメン屋でまず「替え玉100円」と書かれたメニューの意味が全く分かりませんでしたしね。「名物店主ではなく店主にそっくりな人物が作ったラーメンでええなら100円。」の意。か?とか色んなアホな想像をしてみたり、、、。「スープを残しておいて後から麺を足すんだよ。」と友達から説明を受けても、それでも理解するのに時間がかかった記憶があります。今ではすっかり豚骨醤油の虜です。ああ、ほんま、、おデブ街道の真ん中を堂々と歩く僕です。

2008年10月27日 (月)

お説教

新潟のホテルのフロントに水槽がありました。水草やら砂利やら綺麗に手入れがされていてとても幻想的な世界です。以前、僕も金魚を飼っていました。ピンポンパールという中国産の可愛らしいやつ。名前はオースティンからいただいて「ミニ・ミー」といいました。渋谷の西武百貨店の屋上のペットショップで見掛け連れて帰りました。閉店間際に滑り来んで来て「この金魚をくれ。」と申し出た青二才にペットショップのじい様はムッとしたらしく「これから命をあずかる者がそんな簡単に即断すべきではない。店を開けて待っていてやるからゆっくり選びなさい。」と怖い顔でいいました。こちらも突然のじい様の態度にムッとしましたが、すぐに思い直しました。「確かにその通りだ。」そこから約一時間弱、じい様は根気よく金魚選びに付き合ってくれました。選び方、飼い方のレクチャアを受けてる間に何度もこちらと目をあわせてくる一匹を見つけました。それが僕が飼った一匹目の金魚となりました。水槽の中を所狭しと動き回る元気なやつ。その姿が愛らしく見ているこちらまで元気にしてくれましたら。しかしその後、ピンポンパール独特の病気が発症。グッタリと力なく泳ぐ一週間が過ぎた後、魚が行くことの出来る空に一番近い場所、そこでプカプカと力尽きていました。ここで挫けてなるものかと二代目をパンチョ・パンチョを三代目をポーラ・Qと名付け再チャレンジをしてみましたが、その二匹もやはり同じ病気で死んでしまいました。住むべき魚もいなくなり、あるべき水すらもなくなった水槽はあんぐりと口を開けたまま暫く部屋の片隅に置いたままになっていました。その大きな口が「これから命をあずかる者…。」と再びお説教をしているかのように僕には見えてなりませんでした。Dsc00934

2008年10月26日 (日)

Dsc00903
一人ハロウィン。寂しい奴、、、。そんなん言わんといて下さい!ホテルのロビーの喫茶店で可愛いカボチャケーキを発見。容器欲しさに購入。カボチャムースの上に生クリーム、ミニシュークリーム3個!!ああ、メタボ街道まっしぐら。僕はほんま太りやすい。最大の悩みです。まあでも↑こんなん食うてるからあかんのですけどね。でもほんまに人と比べ太りやすい体質です。何でなんかな、、?以前旅中にガリガリ体型の友達をよーく観察して、食事も全く同じ量食べて暫く生活してみましたが、、全く効果なし。向こうは痩せて行くのに僕は太る一方、、。何でや!!もう一度よーく観察してみたところ確かに量は同じです。しかし圧倒的に違うのがスピード。つまり食べるスピードです。彼が20分かけて食べる食事を僕は5分、、いや4分半かな、、?お恥ずかしい。ほんま早食いです。しかし思う訳です。「取ってるカロリーは同じやないか!」とね。今まで早食いの人は満腹中枢に信号が到達するのが遅いからついつい食べ過ぎてしまうから、という学説はよく耳にしました。でも摂取カロリーを同じ量にしたのに、、!?納得がいかん。でもねちゃーんと出てました。一気に物を食べると急激に血糖値が上がる、その結果それを押さえようと、体内から大量にインシュリンが分泌される。このインシュリンがメタボ最大の敵なのだと、、、。成る程、やっと納得いく答えにたどり着きました。
明日から僕は変わりますよ。食堂でいつまでもチマチマと食べている僕を見かけると思います。呆れて置いて行かんといて下さいね。皆さん宜しく。

2008年10月25日 (土)

緞帳幕

前橋市民劇場の緞帳幕です。素敵ですね。各劇場、様々な模様の緞帳があります。なんと言っても劇場の顔ですからね。ここで!クイズです。緞帳幕の裏に必ず書かれている言葉があります。それは次の内いったいどれでしょう?  1、昇降注意 2、火の用心 3、お疲れ様でした 4、明日もまたお待ちしています  はい!どれでしょう!?答えは、、、「4」、、、。嘘!嘘!「4」は天下一品ラーメンのドンブリの底に書かれてある言葉です。あのこってりしたスープを飲み干した者のみが出会える言葉、、、関係ないですね。すんません。答えは「2」火の用心です。木造である舞台ではやはり火の元が一番に注意すべき事なのです。舞台上で一本タバコを吸うだけでも、ちゃんと消防署の許可が必要なのです。今回僕はタバコを吸うシーンはありませんが、原子核クラブの中でタバコはちゃんと劇的な小道具として何度も登場します。純朴な主人公がドイツ留学を終えた二幕の冒頭でいきなりタバコを吸うシーン。シスターだった富佐子が突然、男装の麗人として登場し格好よくタバコをふかすシーン。不思議な物で、舞台上で吸うタバコというのは格別にうまい、と役者の間ではよく言われます。何故なんでしょうね。最近は煙害ということで舞台上でタバコを吸うシーンを全部カットするという芝居も増えています。確かに最前列のお客様のとってはこれほど苦痛な事はないかもしれません。役者にとっても(タバコを吸いながら)というト書きは結構厄介です。うーんいつかは舞台上で一切のタバコが消える日が来るかもしれませんね。分煙化が進み、タバコを吸っている役者の上に巨大な瓶のような物がスーッと降りて来て金魚鉢状態で芝居をやるようになるんかな、、、。ならへんか!(○゚ε゚○)Dsc00931

2008年10月24日 (金)

全体集合

劇場に入って最初に全体集合があります。役者、スタッフさんの各セクションのチーフ、舞監、制作、全員集まって、その劇場を利用するにあたっての注意事項や、翌日の移動時間の確認、カーテンコールの立ち位置の確認、紗幕及び緞帳の昇降位置確認、暗転チェック、舞台上以外で発せられる台詞(陰声)の通りの確認をします。気持ちが引き締まる瞬間。もう本番は目の前です。「よろしくお願いしまーす!」と全体で挨拶をした後、各々の持ち場に解散し最終チェックを行います。毎日、違う劇場で芝居を打つ。旅公演の醍醐味です。何度同じ芝居をしようとも必ず新しい発見がある、出会いがある、反応がある。僕はつくずく旅好きです。全体集合の合間に天井を見上げると、いつもと同じ照明が昨日とは違う劇場に吊ってある。そう思うだけで何だか嬉しくなるのです。今日もまた1ステージ、終わりに向け進みました。明日はマチソワ、2ステージ、、!寂しがっていてもしゃーない!頑張りまっせーー!Dsc00925_2

2008年10月23日 (木)

マメ!

こう見えて結構マメなのです。その日に着た服はその日に必ず洗います。凄い!几帳面!荷物もそう。持ち運びの荷物以外はジュラと呼ばれるアルミ製の箱に入れてトラックで運んでもらうのですが、そのジュラの中身もキチっとしていないと気になるのです。なので100円ショップで仕分けの袋等を買って来ては、せっせと荷物整理。それを見て仲間は皆「美央の部屋はさぞかし綺麗なんだろうね!」と感心してくれるのですが、、。この几帳面さ、何故か旅中だけなのです。┐(´-`)┌旅中にだけ現れる病気といいますか、、。なんででしょうね?ちなみに僕の部屋は、はい、めっちゃ散らかってます。やばいです。洗濯物もたまりっぱなし、、。ほんま困ったものです。ここでまめ知識!皆さんも旅行にお出かけの際、きっとお風呂等でお洗濯することがありますよね?その際、洗った後の洗濯物をただ絞って干しただけでは生乾きになってしまいますが、バスタオルの上に洗濯物を広げてクルクル巻くのです。それを青竹踏みの様にひたすら踏み続ける!すると脱水したように水分がなくなりますよ!翌朝には乾いてしまう程。これはええです。フライトアテンダントの知恵として新聞に出てました。僕も毎晩フミフミです。是非ともお試しあれ!Dsc00923

2008年10月22日 (水)

長岡で見た風景

劇場の裏手にある高い高い土手。こういう光景を見るとうずうずするのです。そのむこうに何が見えるのか、知りたくて仕方なくなる。土手はちょうど工事中らしく警備のおじさんが唯一の登り口の前に立っていて怖い顔でこちらを見ています。「土手に登って写真を撮らせてもらってもいいですか?」おそるおそる訪ねてみると「$&%#=”〜。」、、、、?かなりの方言で正直なんて仰っているのか分かりませんでしたが、にっこり笑って通して下さいました。ありがとうございます。土手の向こうはやはり川。残念ながら信濃川ではありませんでしたが、大きな河でした。水はほとんどなく代わりにススキやキリン草が川面を埋めていました。河の向こう側にそびえ立つ大きな工場が夕日に照らされ一日の仕事を終えてホッしているかのように見えました。今日は伊勢崎で本番です。ここ暫くは新潟→群馬の往復です。お見送りに来て下さった長岡演鑑の皆様、本当に有り難うございました!!今日も頑張ってまいります。Dsc00916

2008年10月21日 (火)

移動

旅公演の移動は基本的に電車です。飛行機も稀にありますが、ほとんどは電車。電車好きにはたまらない環境らしく特急券を解約して朝早くからわざわざ普通電車で移動する方もいらっしゃいます。二時間、三時間、、、車窓を眺めのんびり移動。電車はええですね。飛行機にはホンマええ思い出がありません。初めての海外旅行で乗ったアンカレッジ行きの飛行機がエンジントラブルで右エンジン完全停止、、。八時間かけて羽田まで緊急帰還です。左エンジンだけで、、、!!着陸の時の衝撃を未だに覚えています。あれは怖かった、、。それ以来、飛行機苦手です。特攻野郎ではありませんが、、トラウマなのです。明日も早くから移動。電車で。よかった〜。ではではお休みなさい。Dsc00909

2008年10月20日 (月)

休演を経て

明日からまた連続公演です。写真は武山ハウスから見下ろした客席。芝居が一階に集中している時、二階から密かにお客様の顔を観察するのは楽しいです。笑っている方、眠っている方、楽しみ方は人それぞれです。僕は芝居中でもよくチラチラとこちらから観察しているのです。フフフフ、、、実は見られているのですよー。油断出来ませんね。原子核も後残すところ8本、、、。寂しさがつのります。御観劇下さった皆様、応援して下さった皆様、本当に感謝です。008

2008年10月19日 (日)

あだ名

ブログやユーザー登録をする際に最近は「ニックネーム」の欄が記入必須となっているケースがおおいですよね。ニックネーム、、、?そう言えば色んなあだ名があったな。思い出せるだけ書いてみようと思います。「ターさん」→田中からか?「炭酸せんべい」→左が発展してか?「鼻鼻魔人」→自慢の鼻から。「ミオス」→二人以上に見えたのでしょう。「ジル様」→由来は不明、、。ちょっとオタッキーな後輩がそう呼んでいました。呼ばれても振り向かないようにしてました。「ブラック」→仮面ライダーブラックの役者さんに似てたかららしい。迷った挙げ句、、、「サンチョスメンデス」で登録。これはうちのタナカソータロー氏が「顔及び存在が濃くてメキシカンぽいから。」とつけたあだ名です。腹立つけどなんかお気に入り、、、。アミーゴ。

順番

このブログ、関係者の方が見たら「順番ばらばらやがな!」と思われてしまうでしょう。はい、、、その通りです。旅中に撮った写真からぽつりぽつりと各地域の思い出を振り返っています。旅中に何度もブログを開設しようとアメブロで試みたのですが、どうもうまく行かなくて。やはり使い慣れているココログで始めてみました。携帯からの更新はすでにバンドのブログで登録済みですので、僕の書き込みはパソコンからのみとなります。なのでゆっくりまったり、、なのです。あしからず、、、。今日の写真は岡崎で見た「本日の一押し商品」です。そんなに押さんでも、、、。来ますかね下駄ブーム。Dsc00795

2008年10月18日 (土)

噴水

夜の公園に光る噴水。富山だったけな、、、。劇場の裏手に公園があり夜の十時まで噴水が見られます。とても幻想的な風景。この日は確か休演日前で皆で飲みに行く事になっていたのですが、あまりにも見事な噴水に見とれてしまい、遅刻しての参加でした。秋がほんのりと始まって、上がっては落ちる噴水の水の音に混じって鈴虫の声が微かに聞こえていました。ああ、ええ夜。しかし僕の後ろに座っていた中年カップルが突然大声で喧嘩を始めてしまいました。女性は泣くは、男性は怒鳴るは、、、。ああ、ぶち壊し、、、と思っているときっかり十時になったらしく突然、公園中の照明が一斉に消えました。噴水も十時の瞬間に吹き上がった水がその数秒後に力なくパシャパシャと音を立てて池に帰っていきました。静寂。激しい噴水の音にまぎれ大喧嘩していたこの二人も、隠れ蓑を失ったらしく、すごすごと去って行きました。再び静寂。それを鼻からゆっくり吸い込んで、僕も公園を後にしました。
Dsc00895

2008年10月16日 (木)

旅公演

旅公演中です。今回の旅は本当に海に縁があったなあ。行く先々で海が見れましたよ。時間があったので釣り竿を買って釣りもしました。戦利品は、、、、フグ一匹。親指くらいの小さな輩。リリースしようと針を外しているとプクーっと僕の手の中でお腹を膨らませ、ちょうど手のひらいっぱいの大きさに膨らみました。なんだかそれが健気で、、、この一匹だけで釣りは終了。そっと海水に手を浸しそれを放してやると「覚えてろーー!」と言わんばかりに海の中に勢いよく消えて行きました。ごめんよ。たくましく元気で生きるんやで!Dsc00855

改めまして。

初めまして。とある劇団で役者をやっております。まったり、ゆっくり更新していくつもりですので、ノンビリお付き合い下さい。タイトルの「板の上で逢いましょう。」とは「舞台の上で逢いましょう。」という意味です。舞台用語では「舞台」の事を「板」と表現する事があります。つまりこれは舞台が千秋楽を向かえた時、長きにわったて共に戦ってきた共演者に宛てる言葉です。僕はこの言葉がとても好きです。どうぞ皆様、まったり、ゆっくりお付き合い下さい。004_2

初挑戦!

まったり更新していきます。なにせ初挑戦ですから、、、。はあー、緊張でっす。うまくいくとええなあ。

トップページ | 2008年11月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト