出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

白く曇る

白く曇る
今週は雨が続く。

ダデダデダデと傘を打つ雨

バス停の頼りない屋根が裾を濡らす。

一応頭は守られているから、雨粒が地面に落ちてテテテテテと奏でる音を見ていた。

真っ直ぐに落ちていた雨が風に押され、斜めになる。

激しい雨音

黒光したアスファルトは雨を跳ね返すでもなく、まるでそれが無かったかのように無表情である。

暫くすると空から落ちるそれらが段々と軽やかになる。

気持ち、速度をゆるめたようにも見える。

また風が吹くと、今度は軽やかに雨が舞う

煽られて下から上に漂う物もあるようだ。

目の錯覚なのか

自然の落下にも、重力にも逆らう、それは僕にとって今年初めての雪だった。

無表情だったアスファルトが白く曇っていく。

街から一つ、音が消えた。

2009年2月25日 (水)

只今「リビエールの夏祭り」読み稽古中、、。

俳優座は読み稽古に相当の時間を割く。まさに台詞劇団。外部ではなかなか出来ない事だ。

役者には必ず癖がある。無くて七癖というやつだ。

僕もかなり読み癖があるなあ、、、。自覚症状がある部分はええけど、無意識の部分はほんまに困る。

台詞例文→

「昨日何してたの?遅くまで飲んでたんでしょ?だから今日、遅れたんじゃないの?」

質問が三つ重なるパターンだ。

一見、ちゃんと論理的に思える。単純に考えればたたみ掛けだ。

こういった場合、僕も含め大方の役者は1、2、3、と段階を経て声を大きく出したがる。

クレッシェンドしてしまう訳だ。そこに今日は引っかかった。

「責めているのではない。どちらかというと宥めているのに近いニュアンスで。」
「3つではなく1つの繋がっている文章だと考えてみて。つまり3つを同じトーンで話すこと。」
「3つの質問の全ての語尾を下げて終わらせること。」
「次までに気持ちを繋げた上で、ワンブレスでこの台詞を言えるように考えて来ること。」

役者の仕事の9割は実は宿題にある。

「俺は現場主義や!」とか言いながらも、家でボーッと考えてしまう。

一番早いのは日常の経験から引っ張ること。でもそれがない場合は時間が掛かる。

色んなケースを想定してみる。ブツブツと繰り返し台詞を吐いてみる。

こうなると眠れない。

僕の台詞を一番聞いている観客は、もしかすると僕の枕かもしれない。

2009年2月24日 (火)

やっと、やっと…

やっと、やっと…

----------
機種変でけた、、、(;д;)

ソフトバンクのお兄さん、ええ人でした。

カメラなんか今までよりずっとええですぞ!!まあ、前のカメラは期せずして、ROMOカメラのような写真が撮れて、あれはあれで好きでしたが。(*^-^)

「取り敢えず今は一銭もない。」「月々の支払いを極限に押さえたい。」など等、、、無理難題を吹っかけてみましたが、ほんま親切に対応してくれはりました。有難うございます。

しかし困ったのが「身分証明書」

僕は免許を持っていないので、今まではパスポートを持ち歩いていましたが、嵩張るし、何かあった時に「ハイ!パスポート!モンダイナイデショ?」だと如何にも怪しいイメージが、、、。

何も悪い事してないのに、自分が国際指名手配犯のようなね、、、(゜ー゜;

ゴルゴ13か!おのれは!的な違和感、、。

ここは!と、以前話題になった「住基ネット」に登録してみたわけですよ。

ところが、、、「そちらは身分証として認められないのですよ。」という所が多すぎる!!!ヽ( )`ε´( )ノ

携帯ショップにしてもしかり。

実は保険証持っていたのですが、何だか悔しくてちょっと踏ん張ってみました。
(^-^;すんません、、素直に保険証だせって話しですよね、、、。

おかしいなあ、、、三鷹市内ではこれでゴルゴ13ばりに幅利かせられるのに、、。

「三鷹のゴルゴ」

狙撃失敗しそうな肩書きやなあ。

てな訳で、これからは写真も綺麗になるですよ。(*^-^)

その後、以前、再会を果たした子供ミュージカル時代の親友と飲み会。

今回は他の先輩も来て下さって、大盛り上がりでしたよ。(*^-^)

みんなやっぱり熱いです。

芝居でつなっがた絆は一生ものやなあと、つくづく感じた夜でした。

2009年2月23日 (月)

ソフバン!!怒りの機種変!!

決めた~~~!!

絶対機種変するぞ!!!

今の携帯に辟易しとります。

家族でソフトバンクに乗り換えたものの、何でもええから一番安いの!と飛びついた機種がヘボすぎた、、、。(-ε-)

「何か最近メールがこうへんなあ、、、。」と思っていると受信フォルダがいっぱいになってたらしくサーバーでメールが貯まりまくっていました、、。

この機種はいらんメールを一通一通手動で消さないと、フォルダがパンクするらしい、、、。

おーい!!もうちょっと頑張れよ(;д;)

貯まったメールは数十通、、、開くと一番初めに「千賀子様が貴方を落札しました!」メールが、、、。もうええちゅうねん。(2008、12,12「イタメール、、、、。」記事参照)

ええタイミングでのフリーズも千両役者並みです。

長文メール作って送ろうとしたらピキーンッ!と固まって「Soft Bank」という文字を残してシュウウウウ、、、と力なく電源が落ちてしまう、、、。(@Д@;

しかも長文の時だけ、、!!

もう怒った!!滅多に怒らない僕ですが、かなりきてますよ。

明日はソフバンショップに殴りこみや~~~!!\(*`∧´)/

明日レポしますね~~~。

おやすみなさい。

2009年2月21日 (土)

桜?

桜?
ブログをご覧の皆様に一足早い春の訪れを

桜…!うそうそ、梅です。
分かってはいても、毎年騙されてしまう私…。       
最近は徐々に寒くなる、また暑くなると順当にはいきませんね。

春一番を聞いたかと思いきやのこの寒さ

こういうフェイント?が近頃多いなぁ。

明日は朝から仕事故、早めに眠るつもりが…

テレビでやってましたね、スター・ウォーズ。

いかんいかんとは思いつつも、何十回と見て知っているのに見守ってしまうアナキンの運命…。

最近、レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーが「あの映画に出た事を今でも後悔している…。」と告白していましたね。

一つの持ち役によって、後々の全てのキャリアをふいにしてしまう

辛いような、羨ましいような…。

そんなハマリ役にこの先、出逢えるのか?

出会ってみたいなぁ。

そう考えると、やっぱり羨ましいなぁ(^-^)

2009年2月20日 (金)

そこには無い何か

そこには無い何か
今日は三月にお世話になるTo R Mansionのお芝居の稽古です。

To R〜はパントマイム集団なのですが、無言劇に囚われる事無く、台詞芝居、大道芸にと幅広く力を入れている、まさにマルチなカンパニーです。

数々の大道芸コンクールで優勝し、東京都公認の「ヘブンズ・アーティスト」の称号を持つ要注目のカンパニー。

もとは外部のお芝居で、主催の「上の空はなび」さんと共演したのがきっかけで、前回に引き続き、今回の公演にも参加させて頂いています。

驚くべきはメンバー、一人一人の身体能力!

いや、ほんまね…、新劇人、うかうかしとれんですよ。(*_*)

マイム集団の凄さは制限された環境下での身体表現…。

大道具も小道具も極力使わずに複雑な状況を体一つで表現する…。

す、凄い…(;_;)これはジャンルを越え全ての演劇人に本来必要な能力やと思います。

僕は関西人なので、本来はお笑いが大好きです。

しかし最近のお笑い番組を見なくなった理由は、表現力の乏しさから…(*_*)

いや、芸人さんを責めているわけでは決してありません、

或いは、我々見る側の想像力の衰退なのかもしれませんから…

漫才にしても、コントにしても小道具、大道具が多すぎると感じるのです。

これは個人の感想です!悪しからず…(*_*)でも、僕にはどうも気持ち悪い…。
見る側に何の想像力も与えてくれない、それは極端に言うと、何も表現していないに等しいのでは?と思ってしまう…。

話芸一つ、体一つで勝負出来ないアーティストがあまりにも多くはないか…?

あぁ、自分で語りながら自分の耳が痛い…(*_*)

僕も舞台ではまるっきりそうなのでは…と日々、自戒している次第です。

このカンパニーから少しでも何かを吸収したい!

まるで子供のように、そこに無い何かを見つめられる、このメンバーと共にお芝居を作れる事を僕は誇りに思います。

ダブル稽古でクッタクタの体でも、きっと何かが表現できるはず。(^-^)

微力ならが頑張りますぜ!!!

2009年2月19日 (木)

体の一部

上の親知らずも抜きましたよ〜(*_*)

夏光線前後で合計三本の歯を抜いた事に…

これで少しは顔がホッソリしないかなぁ

今まで何故、親知らずの処置を怠っていたかというと、
以前にも紹介したように、僕の親知らずは真横に生えていたからです。

故にどの歯医者に行っても口を揃えて言われたのが「大学病院に行ってくれ。」との事…。

厄介な歯の生え方をされては町医者ではとても手におえないとの事らしい。

しかし…大学病院まで行くのは時間も掛かるし、第一面倒である。

「何とかここで抜いて貰えませんか…。」

一度、祐天寺にある駅前の歯医者で頼んでみた事がある。

診療台が一つしかない小さな歯医者で、髪も真っ白なお祖母ちゃん先生が、露骨に顔を曇らせた。

「う〜ん…、やれない事はないですけど…、私とこの人ですからねぇ…。」

見ると助手さんは超茶髪。元コギャル丸出しの風貌で「an an」を読みながら「早く終われ!」と言わんばかりにこちらを睨んでいる。

医者のあんな不安そうな顔を見たのは初めてだったので、恐ろしくなって直ぐに帰ってしまった。

しかし今通っている歯医者は実にあっさり抜いてくれる。

やはり歯医者も腕次第という事なのか。

抜歯後、必ず聞かれるのが「お持ち帰りになりますか?」という事。「歯」をである。

「お願いします。」と言うとキティちゃん柄の小さなビニール袋に入れて会計時に渡してくれる。

さっきまで自分の体の一部だった物をキティちゃん越しに見ると、何だか不思議な気持ちになる。

帰って寝転びながら、その消毒液臭い歯を見つめてみる。

こうなってしまうと歯というより骨である。

それにしても消毒液臭い。
           少しクンクンとしていると誤って手を離してしまい、鼻の穴に歯が刺さってしまった。

しかも反対の鼻が鼻水で詰まっていたので、息が出来ず軽くパニック状態に陥った。
           危うく自分の歯に殺されそうになった…。

アホですねぇ。(*_*)

今も傷口がジンジンと痛む。

2009年2月17日 (火)

究極のリラックス

太古の視点
下から大樹を見上げる

これを僕は勝手に「太古の視点」だと思っている。

我々人間がまだ四本足で歩いていた頃

こうやって樹を見上げていたのだと思う。

先日、知人に「リラックスしている時は何をしている時ですか?」を聞かれて返答に戸惑った事があった。

リラックスしている時…?

その時は思いつかなかったが、今日道を歩いていてふと思い出した。

「太古の視点」の事を。

以前、寝転んで樹を見上げていたいたら、異様なまでの眠気に襲われた事がある。

今までにない体の脱力状態に、戸惑いながら「な?なんやこれ!?」と思いながら眠りについてしまった。

あれが本当のリラックス状態やったんやと思う。

まるで地面に生気を吸われるが如くの、重い睡魔だった。

昼間を少し過ぎた時間のはずが、起きるとすっかり夕方になっていた。

そして体が軽い軽い!!家で眠るのなんかよりグッスリ眠れたらしい。

太古の視点から大樹を見上げ、先祖帰り?する。(^-^)これぞ究極の僕のリラックス方法です。

2009年2月15日 (日)

休みはおまへんで!(^-^)

夏光線、無事に終了致しました!

会場に足を運んで下さった方、ブログで応援して下さった方、皆皆様!

本当に有り難うございました。

夏光線、物語は草野球チームの仲間が亡くなった、お葬式の帰りのシーンから始まります。

示し会わせた訳ではないのに、高校時代のブルペンに集まるメンバー達…

思い出話の中、時間は交錯し、なんと高校時代に逆戻り!

試合中、必死で戦う者、ブルペンで無駄話に花を咲かす者…

結局、試合には負けてしまい、悔し涙の中、時間はまた交錯し…

亡くなった仲間の結婚式前夜

野球部、一丸となって結婚式を盛り上げようとするのだが、結果また無駄話…

そこに監督からの手紙が届く

結婚する仲間への思いが一つになり歌う野球部のオリジナルソング…

無情にもまた時間は交錯し、葬式直後、仲間の亡骸が煙になって行くのを見守りながら、涙の円陣…。

今までもこれからも、チームは一つであると噛みしめ皆は去ってゆく。

ざっとですが、こういうストーリーのお芝居でした。(^-^)

面白そうでしょ?

嬉しい感想も、厳しい感想も、いっぱい貰いました。
でもまっ、休みなはれキャプテン、キンちゃん。

明日からはまた違う顔。

芝居は続く。時間を作って、電車賃払って観に来てくれはるお客様がいる限り。
田中美央に休みはおまへんで!!!(^-^)

頑張りまっせ〜〜〜っ!
これからも応援、宜しくお願い致します!

お客様、共演者の皆、スタッフの皆様、関係者各位に今一度、御礼申し上げます。

有り難うございました。(^-^)

2009年2月14日 (土)

今、今、今…。

今、今、今…。
前回出演した、野良犬弾のコジ君が観に来てくれました!有り難う(^-^)

それにしても…この公演のダブルヘッダーはキツイ…(*_*)

夜の回はウサギ跳びのシーンで足が笑っていました(*_*)

年よのー。

その公演も後一回…。

キャプテン、キンちゃんとも明日でお別れです。

女性キャストがいない芝居ならではの猥雑な楽屋での会話も明日まで。

ほんま、二幕の高校時代のシーンではありませんが、男ばっかり集まるとロクな話しませんね〜。

書きませんけど…、いや書けませんけどね…。(*_*)
例えばよその芝居のチラシのキャスト写真を見て

「よし!お前がどの子がタイプか当てたる!」

とかね…。

お互いのタイプを確認しあって「え〜っ!?」とか「ウッソ〜!?」とか言うて。(^-^)

ほんま子供と変わらんなぁ。

この日のこの会話が、明日には思い出になっている。
ちょっと寂しいから前向いて歩こ。

振り返らん限りは常に今やからね。

今、今、今…。

何か台詞でキンちゃんも同じような事を言うてたなぁ。

すっかりリンクしてますね。

ちょっと悔しい。

正直、最初に台本読んだ時は「俺、ほんまにこの役出来るんかなぁ…。」と思てましたから。

たまにはぶっちゃけんとね。(^-^)

おやすみなさい。

ビバ!夏光線(^-^)

2009年2月13日 (金)

必殺!!膝地獄!!!

必殺!膝地獄!!

決してプロレス技ではありませんよ~(*^-^)

れっきとしたストレッチです。

研究所時代に教えて貰った荒療治。背中の滞った血液を強制的に流す整体?です。

これが痛いのなんの!!でも終わった後はスッキリ気持ちいいのですが、、、。

後輩たちが逃げて行くのを無理やり捕まえて、一人一人、膝地獄に落としてゆく、、、。フフフフフ(`Д´)

鬼の美央先輩です。

後輩達の「ギヤーーーーー!!」とうい叫び声が妙にたまらんのです。フフフフフ、、、。

散々後輩たちを膝地獄に落とした挙句、今度は自分が捕まってしまい、後輩たちの逆襲を受けてしまいます。

「ギヤーーーーー!!」一番デカイ声で泣き叫ぶ僕、、、。(゚ー゚;

ああ、ほんま、、これ効きます、、、。(@Д@;

夏光線、残すところ後4ステージです!!

2009年2月11日 (水)

アクシデント

長く舞台をやってると色々あるです、、、( ̄◆ ̄;)

今日はねえ、、、ラストシーンでやってしまいましたよ、、僕は。

ラストシーン、僕は芝居中、皆が羽織る背広の上着を持って登場するのですが、、、

僕の上着も合わせて合計4人分!それを舞台上で皆に渡していくシーン、、

最後の3人目の上着を渡した時点で、手に妙な感触が、、、!!?

4人分の3人まで渡し終えた訳ですから、当然残りは1着のはず、、しかし、、

何故か手には2着ある感触が、、、!!???(@Д@;

なんじゃこりゃ!!?よーく見ると上着の他に、芝居と全然関係ない、普段僕が穿いているクシャクシャのジャージが、、、。

しまった!!恐らく僕が上着を仕込んだ段階で紛れたのだと思います。

まいった、、、、( ̄◆ ̄;)

これから亡くなった友に鎮魂の意を示すというシーンなのでジャージは全く関係ない。ジャージの、しかもズボンの方やし、、、。

う~~~~~~ん、、、それ以降の台詞をジャージのズボン片手に言う訳にはいかない、、、。そんな姿は緊張感ゼロである、、、。

こんな時は、、、!!!!!

(えい!)と先輩の座る椅子の上に置いて知らん顔。(*゚ー゚*)

舞台上で先輩が(なんじゃこれ、、、!?)と固まっている背中を見つつ、何とかそのシーンを乗り越えました。

自分の失態を先輩になすりつけてしまう後輩、、、。(゚ー゚;

ま、愛嬌、愛嬌!ヽ(´▽`)/

公演終了後、先輩に謝りにいったら「笑いそうになったやんけ!」と爆笑してはりました。

すんません、、、でも一番笑いそうになってたのは何を隠そう、この私でつ。

明日は5回目。いよいよ折り返しです。

今回の楽屋

今回の楽屋
夏光線の楽屋です。

稽古場裏にある、いつもは更衣室として使っている部屋。

劇団員に昇格すると、ここにあるロッカーを一つ貰えます。

歴代の先輩方は勿論、俳優座の創設者の千田是也先生のロッカーもここにあります。

狭いけど笑いのたえない楽しい楽屋です。

実は今回、演出家の意向により僕は白ブリーフ姿をさらすのですが…

白ブリーフなんて今は当然一枚も持ってないワケで…
久しぶりに買いましたよ。「二枚千円。」白ブリーフ。

しっかり領収切ってきました。(^-^)

しかし全10ステージで二枚でのローテーションはなかなか厳しい…

なので毎日洗濯です。生乾きのまま楽屋に持っていき、次の日まで干すのです。
今日もブリーフを干していたら、となりに座っていた松島さんが一言

「お前がパンツ干してるハンガー、俺の私物やねんけど…。」

失礼致しやした。(*_*)

2009年2月10日 (火)

リクエスト

リクエスト
リクエストにお応えして!!

カレー鍋にトライ。

モヤシ、ニラ、豚肉、キャベツ、マイタケ…

安かった野菜を全てぶちこんで…!

頂きます!(^-^)

鍋は素晴らしい。「こんなには喰えんやろ…。」という量の野菜をペロリです。
ビバ鍋!(^-^)

確かに旨かった…で、感想は…えっと…カレー味…でしたね…。

水炊きや、すき焼き、キムチ鍋等々…

いならぶ猛者に比べると、ちとパンチに欠けるか…。
「カレー鍋」というよりは「カレー作ってる途中鍋」といった感じ…かな?

いかん!言葉をつむげばつむぐ程、カレー鍋が劣等生のような印象に…(*_*)

うまいんです!ほんまです!頑張ってるんです!彼(カレー)はきっと…。

頑張れカレー鍋。(^-^)

明日は夏光線三日目です。

2009年2月 9日 (月)

逡巡

逡巡
出勤途中に待ち構えているもの…

近所にある大学の正門前に鎮座する猫。

通称「前髪」です。
何だか真ん中分けの黒髪のような模様でしょ?

怠慢な猫らしく、以前大雪が降った日も「ニャーニャー」と鳴きながら動こうともせず、屋根もない正門前で雪に降られるがままになっていた。

猫…。実はそんなに嫌いではない。

遥か昔、まだ僕が子供ミュージカルをやってた頃、先生の自宅兼、稽古場には沢山の猫がいた。

毎週行く度に、新顔を増えていくような…それ位沢山の猫がいた。

稽古中、不意に一匹の猫が僕の背中に飛び乗って来てめっちゃ驚いた事があった。

その驚いた様子を見て一緒にレッスンを受けていた年下クラスの子供達がエライ喜んでしまった。

そこから、「あの大きい兄ちゃんは猫が怖いらしい。」という噂が流れてしまった。

年下クラスの子供達が半ば期待したようなキラキラした目で「猫が怖いの!?」と聞いてくるものだから、「平気やで。」と答えるのが心苦しく、以来十数年、僕は嘘をつき続ける事になった。

小さな子供が僕の後で「猫や!」と叫ぶと僕が「ギャー!」と逃げていく。

そのあわてっぷりを見て子供達がケタケタ笑っているのを見ているのが好きでした。

あれから更に20年経った今も「猫はお好きですか?」という質問に「えぇっと…。」と逡巡してしまう事がある。

思わず「あまり得意ではないです。」と答えてしまったりも…。

前髪の頭を撫でながら、そんな事を思い出した。

今日は公演二日目。

頑張るです。(^-^)

2009年2月 8日 (日)

寒い…。

寒い…。
いよいよ初日。

長かった2ヶ月の稽古。

そんな苦労は初日、袖幕にスタンバイして、オープニングのSE、そしてゆっくりと照明が暗転…、

その瞬間に消えてしまいます。

稽古場でのおもろかった会話、しんどかった思いが、台詞の一つ一つを後押ししてくれる。

後は…そうですねぇ、板の上で作りましょか。

昨日出来なかった事が今日出来る事もある。

その逆も然り。

だから面白いのです。

昨日出来なかった事が、今日は何故か出来る…、でもそれを誰も知らない。誰もそれに気付かない。

知っているのは目の前にいる相手役だけ。

役者と役者の息づかい。

台詞はどうせ生まれた瞬間に死んでいく。

息づかい、間、空気…。
面白いのは寧ろそっちではないか。

今日の写真はついに観念して髭剃った僕です。

ギリギリまで髭で頑張ってたら演出家に「そこまで髭でやりたいなら、生やしっぱなしで行け! 」

と言って貰えるのを期待していたのですが…

ゲネプロ前に演出家がスタスタと僕の鏡前に来て一言、

「で?いつ髭剃るの?」

(*_*)へーい…、直ちに…。

久々の髭無し…。顔が寒い!風邪ぶり返しても知らんで〜(^-^)

そんなこんなで、いよいよ夏光線がスタートです!

2009年2月 7日 (土)

夏光線、ゲネプロ!

いよいよゲネプロ。明日は初日です。写真は彼女弁当にご満悦の蔵本康文君。

二枚目は120円位の菓子パンにご満悦の松崎賢吾君。



そして本日の主役、今日、お誕生日を迎えた関口晴雄君。サプライズなお誕生日の演出に感激の様子、、、。頼もしいメンバーと共に迎える初日、、、!!嬉しい限りです。(◎´∀`)ノ夏光線!どうぞお楽しみに!!

2009年2月 6日 (金)

昨日より今日は少し暖かい。

そう思える日が増えてきた。

少しずつ春が近づいて来ている。

それだけで少し嬉しい。

それだけで少し嬉しく感じるように人間はできているのだと思う。

夜、

外に出ると思ったほど寒くない。

夜中を過ぎているというのに、少し空が明るい気がする。

風は…無い。

こんな時、何かを思い出しそうになる。

この体感が過去の、どの記憶に直結しているのかは、分からない。

でも頭が何かを思いだそうとしている。

きっと以前、同じ温度、同じ空、同じ無風を感じたのだろう。

頭で忘れていても、心がそれを覚えている。

子供の頃、母に「心って、どこにあるの?」と聞いた事がある。

母は僕の胸の真ん中を指した。

小学校にあがって先生に同じ質問をしたら、先生は頭を指した。

成る程…。

先生の答えに僕は妙に納得してしまった。

でもそれは頭で理解したというだけであって、気持ちとしては何となく釈然としなかった。

何故なら、僕の心はやはり胸の真ん中にあったからだと思う。

2009年2月 5日 (木)

ええ音。

ええ音。
今日は芝居の稽古は無し。
本格的に舞台を作ります。

ラボ公演は本公演とは違いインディペンデントの公演故に大道具、小道具全て役者の手作りです。(^-^)

何だか研究所時代を思い出すなぁ。

写真は衣装の靴に細工をしている松島正芳さん。

隣で先に作業を終えた僕が「あー疲れた…。」とため息をついたつもりが、お尻からため息が出てしまい、しかめっ面をしています。

実は今回、とある役者さんが舞台上で「プーッ!」とするシーンがあるのですが…。
プロの音響さんが用意して下さった、音源は10パターン。

「プーッ」の音源が10パターンなんて何だか笑えます。

サウンドチェックの際、うん十万円もするBOSEのスピーカーから、勢いのいい破裂音が出ると、その臨場感に「やっぱBOSEはいい音やね。」と感心してしまいます。

さーて、どのシーンで破裂音が聞けるか…お楽しみに!(^O^)

2009年2月 4日 (水)

一語一句

一語一句
作家、演出家も色々である。

台詞を一語一句変えてくれるな!と言う演出家もいれば、何となくその辺はおおらかな演出家もいる。

どちらもいい悪いではない。ただ僕自信が前者は苦手なだけ…(*_*)

ようはしっかり覚えれば良いのですが…。

僕流の台詞の覚え方は、かなり早い段階で、うろ覚えでもまず台本を離してみるのです。

そこで実際に困ってみる。
困る事によって会話の必然が見えてくる。

何か言いたい、言い返したいのだが、出て来ない…。
しかしそこに確実に産まれるのは言葉になる前の感情。

その感情をしっかり味わう。公衆の面前で、恥をかきながら。

その上で台本に帰るのです。

すると何を糧に言葉を発するか、何故自分が悔しい思いをしたかが見えてくる。
こうなると後は早いです。(^O^)

最初は周りに迷惑を掛けてしまいますが、ただ漠然と覚えてしまう事を、僕は避けたい。

言葉はあくまでツールに過ぎない。

そう思うのです。

(^-^)

2009年2月 3日 (火)

日本語

日本語、英語、フランス語、イタリア語。

四か国語を話せる友達に「お前はやっぱすげぇなぁ。」と話した時、「いやいや、舞台で流暢に日本語を使いこなすお前の方が凄いよ。」と言われた。

謙遜やとは思いますけど四か国語の中で彼が一番苦手なのが日本語らしい。

確かに日本語は難しい。
平仮名、片仮名、漢字…
丁寧語、敬語…

完璧に日本語を使いこなす日本人なんて一握りなんやと思う。

敬語といえば…最近、若い店員さんで「はい。」と返事出来ない人が結構多い。
「この商品は〜ですか?」と訪ねると「うん、それはですね…。」と応対してしまう人が増えている気がする、、、。

こちらは客としてある程度の距離感をもって話しているつもりでいるので 「うん!」という親近感溢れる返事に何とも言えない違和感を感じる。

ちょうど膝カックンをくらったような、ズッコケたくなる脱力感。

近所の郵便局のネーちゃんがまさにそれだ。

僕「すみません(うん!)八十円切手を二枚と(うん!)葉書を一枚(うん!)それと…(うん!)この封筒が八十円で届くか調べて下さい。(うん!)」

今、5回ズッコケた事になる。

もう少し複雑な会話だと、この倍はズッコケる。

それではとても身がもたないので、今日は局長らしき偉そうなオッチャンの座る窓口に並んだ。

僕「すみません(ホゥーイ!)三百円分の(ホゥーイ!)定額小為替を(ホゥーイ!)市役所に…(ホゥーイ!)。」

(*_*)

この上司にして、この部下か…。そりゃーしゃーないですわ…。

2009年2月 2日 (月)

劣等感、優越感。

劣等感、優越感。
う〜ん…風邪がしつこいです。

100円ショップでマスクを購入…。

しかし百均はええですな。
何と言っても、訪れる度に軽い優越感みたいな物を味わえるのがええです。(^-^)

よくデパートや高級ブランドショップに入った時、まぁ、大概はトイレ借りに行くだけなのですが、無駄に広い展示スペースを歩いていると店員の目がやたら痛い。(*_*)

「こいつ、絶対買い物せんな…。」という冷たい視線をビシバシ感じる。

そう感じだすと頭ツルツルのマネキンまで「フッ。」と鼻で笑ってるような気になってくる。

チクショー!と思いつつ一番安そうなTシャツなんかを広げて見るのですが…、うん万円の値札に凍りつく…。

はい、すみませんでした。と、丁寧にTシャツをたたんでそそくさと退散。

客観的にはお客様なのだが、実際はお客にも満たない存在なのだ…と、無駄な劣等感を植え付けられる。

その点!百均はいい!気持ちいい!

逆に「この店にある物で俺様に買えない物はない。フォッフォッフォッ。」という無駄な優越感を味わえる。

だからつい無駄な物まで買ってしまう。
           「新!スーパー栓抜き君」的な物を。

栓抜きは別に「新!」でも「スーパー」でも、まして「君」づけでなくても良いのにだ…つい…。

百均での優越感は正に罠である。(*_*)

今日は稽古後、出演者とお手伝いの研究生、総出で客席作りをしました。

一緒に客席を作っていた後輩が「いつもブログ見てますよ。」と声を掛けてくれた。嬉しい事や!

ひっそり始めたブログやけど、少しずつ広がりつつある様子が嬉しい。

見てますか〜?(^O^)今日はほんまにお疲れ様でした!有り難うございました。
とにもかくにも、まずは風邪を治さんとです。(*_*)皆さん、ご心配コメント本当に有り難うございます!それだけで、何だか元気になれそうな気がします(^O^)

よっしゃ!明日も頑張ろ!!!

2009年2月 1日 (日)

風邪ひきますた(*_*)

まいった…ついに風邪ひいてもうた…。

今年の風邪は喉からきよります。皆様、ご注意を。
あぁ…明日、稽古行けるかなぁ。(*_*)

今日はちとおやすみです。
おやすみなさい…。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト