出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

こんな事があった

こんな事があった
以前、三宿に住んでいた頃に

近所の世田谷公園によく行った。

ベンチに座りノンビリしていると

異様な鳩がトテトテと歩いている事に気がついた。

一見普通の鳩なのだが

よく見ると足には、まさにチアガールが持っているようなビニール紐の玉が

直径10センチはあろうか

チアピジョン

何てね。

冗談はさておき、一瞬にしてこの鳩の悲劇を理解した。

足に巻かれたビニール紐はまさに足の関節に食い込まんとしていた。

救出作戦開始

先ずは距離を縮めなくては話にならない。

持っていたパンをちぎって投げ付けるものの

寄って来るのは他の鳩ばかり

僕が目でマークしているのを気付いているらしく

奴はなかなか寄って来ないのだ。

「早よ来い!ワシの喰うパンが無くなるやろ!」

と内心叫びつつ、表面は鳩好きのジイさんよろしく、穏やかに

すると…来た!他の鳩の勢いにおされて、チアピジョンもついにパンを啄み始めた。

勝負は一瞬、直接体を捕まえようとすると勘づかれてしまうので

狙いを定めビニール紐の玉をギュッと踏みつけた。

動けなくなったそいつはバタバタと暴れてパニック状態

しかし養鶏歴十数年(子供の頃、ニワトリを二匹飼っていました。)の僕は手慣れたもの

両羽を押さえつつ仰向け状態に奴をヒョイと持ち上げた。

さて、どうしたものか…

生憎、両手は塞がっている

とぅーす!(^_^)やはり人間、最後は歯っすよ。

糸切り歯でビニール紐を噛みきり

ミッション終了。

手を離すと奴は勢いよく空へ

他の仲間もそれに続いた

不思議なのは、チアピジョンを捕まえて、ひっくり返し、紐を切っている間

他の仲間は微動だにせず、事の成り行きを見守っていた事だ。

あまりのショッキングな出来事に固まってしまったのか

若しくは、僕の行動を理解しての事か…何てね。

兎に角、奴等は飛びたった

旋回しながら飛ぶ奴らを

やはり鳩好きのジイさんよろしく

いつまでも見守った。

2009年9月29日 (火)

カタツムリ奮闘中…

カタツムリ奮闘中…
カタツムリ。深夜まで奮闘中です。

今度のカタツムリはよく喋ります。

饒舌なカタツムリ。

頭を整理しようと奮闘しとります。

今回の台本!!そうとうオモロイですぜ。(^_^)

12月をお楽しみに!!

しかしAir Languageの譜面台がこんな所で役立つとは…

エアラン、そろそろやりたいっす。(^_^)

2009年9月27日 (日)

蜘蛛の糸

蜘蛛の糸
物思い

床に届きし

蜘蛛の糸

吾救わんとか

吾試さんとか

2009年9月26日 (土)

完全終了(^_^)

完全終了(^_^)
リビエールの夏祭りのセットを埼玉の倉庫に降ろしました。

この後、劇団に戻って平台等を降ろして

完全終了(^_^)

見て下さい!皆のこの清々しい顔!

リビエールの夏祭り、お陰様でご盛況頂き、再来年にはまた旅になるらしいです。

その時まで、このセットともお別れです。

九州の皆様、ホンマに有り難うございました。

リビエールの夏祭り2009、無事に終了です。

2009年9月25日 (金)

ゴミ御殿

ゴミ御殿
只今戻りました。

原子核に続きのリビエールの旅

4ヶ月は放置されていた我が家はまさにゴミ御殿…(+_+)

冷蔵庫に関しては、あまりの恐怖に耐え兼ね未だ開けられません…。

おそろしや。

片付ける気力ゼロっす…すんません

ブログをご覧の皆様!!沢山のコメント、ホンマに有り難うございます!

時間は掛かっても必ずお返事書きますので、ドシドシ、コメントお待ちしております。

明日は朝から荷降ろし、劇団の倉庫がある埼玉県は北戸田まで行って来ます。

鬼劇団…!!

しかし愛しき我劇団(^_^)

おやすみなさい。

2009年9月24日 (木)

美しい光景

Tyoutinn 長崎千秋楽。

素晴らしき時間でした。

なんでやろうか、長崎に入ってからやたら目がいう事を聞いてくれない。

つもりではないのに、平和記念像や千秋楽での客席全員のスタンディングオベーションに何度も涙してしまった。

有難うございました。

会員の皆様。

スタッフさん。

諸先輩方。

可愛いいてしゃーない後輩達。

そして九州。

どれ一つ欠けても完結しなかった。この旅。

提灯にはまだ明かりが灯っている。

やがてその火が消え、本当の静寂が来たら

改めてゆっくり泣こうかな。(◎´∀`)ノ

皆様、本当に有難うございました。

2009年9月22日 (火)

イン・長崎

P9220136 キ、キン、、、、?

ウソウソ。佐賀でもっとも由緒あるデパート「玉屋」さんです。(^-^;

初めてこの看板を見たときは一瞬緊張が走りました。

佐賀、ホンマええ街やったなあ。

冗談はさておき

イン・長崎!!最終公演地にたどり着きました。

九州はホンマおもろい。ちょっとした外国感覚で毎日を楽しんでいます。

こちらも由緒ある長崎公会堂での公演。奈落(舞台の真下)にある古い回り盆の機械に長い歴史を感じました。

相変わらずの男性楽屋の賑やかさ、、、。

この笑い声も明後日までか、、、

笑いながら寂しさがこみ上げてきて、思わず窓の外に目を向けました。

長崎は雨

歌にあやかりか、歓迎の優しい雨。

その音に耳を傾けてみる。

アカン(◎´∀`)ノ

後輩達の笑い声にかき消され何にも聞こえへん。

有難う。さみしゅうなんかない。

素晴らしき仲間達よ。

2009年9月20日 (日)

昨日と同じ、、、

佐賀二日目。

残り4ステージ。

無情にもカウントダウンは続く。

本番中、疲れからか、幾つかのポイントを落としそうになりながらも、何とか盛り返した感。

いかんな、、、。

こういう時は落ち着くに限る。

気分転換に休憩中の劇場外。

今日も劇場のご神木、ブナの木に昨日と同じ蝶を見た。

ブナの木を中心にクルクルと飛んでいる。何度も何度も。

昨日と同じ…?いや、違う蝶かもしれない。

休む事無く羽ばたくその蝶に目を凝らしながら、ふと思った。

ここは葉隠れの里だ、こう考えてみるのはどうか

この蝶は今朝、このブナの木で生まれ、夕刻には力尽き、このブナの土に還ってゆく。

明日、再び生まれる為に。


一日一生

悔いている暇はない。残り4つを大いに楽しもう。

日が陰り始めた今、その蝶はより力強く羽ばたいているように見えた。

2009年9月19日 (土)

ご神木

Gosinnboku 佐賀の劇場前に生きるご神木。

この木のおかげでトラックの横付けが出来ず、今日の搬入は大変でした。( ̄Д ̄;;

皆、冗談交じりに「ぶった切れ!」とか言っていましたが、きっとこの木はその言葉を何度も聞いてきたのだろうと思う。

でも今まで切られなかった。

蔦に絡まれたその太い幹を誰も切ろうとしなかった。

その大きさはまさにご神木と呼ぶに相応しい、堂々たるものだ。

騒がしく葉を揺らす風も、木を覆い尽くす蔦も、「ぶった切れ!」と言う言葉も、この木は何年もの間、享受し続けてきたのだ。

そら、切れんわ。(*^-^)

普段は山でしか見かけない蝶が一匹、ご神木の周りを一日中飛び回っていたのが印象的でした。

そして楽屋は、、、!!?

Tatamibeya みんなが大好きな畳部屋!!楽屋は始終リラックスムードでした。

しかし、、、?田中さんの姿がありませんね?

Doraemonn 後輩達に鏡前を占領された田中さんは衣装と座布団置きの隙間が今日の鏡前です。

鬼劇団!!(;д;)

でもドラエモン気分でちょっと気持ちよかったです。

明日はマチネ。

おやすみなさい。

2009年9月18日 (金)

今日も

Photo300_3  博多移動日。

ギリギリまで博多で粘って楽しんでやろうと、早起きして街に繰り出した。

あっと言う間の8日間

寂しいなあ

海を走った

お城を走った

後輩と照明さんの服をコーディネートした。

でもまだまだ行きたい場所に行けなかった。

ラーメンも食べるの忘れてた。

こりゃあ、またこなアカン。

明日は佐賀での公演。

さてどうなりますことやら(◎´∀`)ノ

今日も人生は素晴らしかった。

2009年9月17日 (木)

仕込み班慰労会。

仕込み班慰労会。
今日は仕込み班の慰労会でした。

博多名物?もつ鍋(^_^)

Tシャツプレゼントコーナーで見事、パンダ柄をゲットした制作の宮崎君です。

このTシャツで好感度アップ間違いなし!!

思い出深い博多公演を終え、いよいよ明日は佐賀入りです。

残すは6ステージ。

明日はどんなオモロイ事が待ってるんかなぁ。(^_^)

2009年9月15日 (火)

リポート。昨日の○○さん。

昨日の○○さん。

やはり前日にお飲みになられたようで、

出番直前まで全く役に立ちませんでした。Photo299_2

┐(´д`)┌ヤレヤレ

2009年9月14日 (月)

沁み

今日はマチネ終了後、ホテルで盛大な交流会が開かれました。

なんと!!参加人数は抽選になった程の数だったとか!!!

ほんと嬉しい限りです。(*^-^)

僕の場合、お客様と触れ合うなかで、お褒めいただけるのは圧倒的に「声」です。

「いいお声ですね。」と言っていただける機会が多くて嬉しい。

しかしこの「声」実は相当困り者で、、、(^-^;

携帯電話で話していても相手に後から「実は半分も聞き取れていなかった。」と告白されたり、、、

カラオケでは自分のキイにあった曲が圧倒的に少なかったり、、、。

ようは「低すぎる」のですな。

舞台では役にたっても、日常では結構、不便なツールなのです。

さて、交流会。

ご挨拶の場で、以前、原子核クラブのご当地挨拶でもお話した、神戸文化ホールの隣にある彫像の下に刻まれた言葉のお話をさせていただきました。

「文化の推進は我々の夢であり、使命である。」

いつも自分の心の根っこにある大切な言葉です。

ご年配の会員さんもいらっしゃる中で生意気な話をしてしまい、ちょっと恐縮してしていたのですが、、、

席に戻ると隣に座っておられた初老の男性が紙とペンを持って待っておられた。

サインかと思いきや「先程の言葉をもう一度教えて下さい。書き付けておきたいのです。」と仰ってくださった。

その言葉をお伝えすると「素敵な言葉を教えてくれた。有難う。」と手を差し出して下さった。

僕はその手を握りながら、この旅で初めて涙した。

こんな若造に「教わる。」という心を持ったその方の謙虚さに打たれた。

思えばずっと泣きたかったのかもしれない。

何が辛いわけではないのだが、いつの間にか抑えられていた感情があったとすれば、それが涙だった。

一筋だけの涙は誰にも悟られずに済んだが、僕の心に大きな沁みを残した。

福岡。

明日はいよいよ二回目のダブル公演。

この沁みは、この旅の最後まで僕の背中を押してくれるだろう。

こちらこそ、本当に有難うございました。

2009年9月13日 (日)

プロデュース(^_^)

プロデュース(^_^)
後輩、蔵本の頼みを受け、彼の服選びに付き合いました。(^_^)

う〜ん(+_+)人の服を選ぶのってホンマ難しい…。

自分が着たい服よりも、蔵本の良さを引き出す為には…!?

かなりわたくし、真剣でしたよ。

でも蔵本の独特の渋味を上手く利用して

「渋爽やか路線」を目指しました。

どうでしょう…!?(^_^)

以前のジーパン、黒Tシャツ姿も良いのですが、ちょっと新しい雰囲気になったのでは?

でも買い物終わって全部を見渡してみると…

やっぱり自分が着てみたい服でした。

人をプロデュースするのってホンマ難しい…。

いつも自分一人で手一杯ですから(+_+)

2009年9月12日 (土)

どうもいけない、、、。

「思考の生理学」という本を読んでみた。

人間が朝考える思考と夜中考える思考とは全く違うものだとあった。

確かに、、、(゚ー゚;夜中に更新した記事を読み返してみると、なんだか湿っぽかったり、動物がよく喋ったりと不思議な文章が多くてちょっと恥ずかしい、、、。

どうもいけない。

文字とはそもそも不器用なものなのだ。

これからは朝一に更新するかな。(*^-^)

今日の一枚は昨夜飲みすぎてしまった○○さんが、体調回復の為、にわかヨガを始めた様子です。Photo295

この後、速やかに挫折し、畳に倒れこんでしまいました。

アホやのお。┐(´д`)┌ヤレヤレ

2009年9月11日 (金)

すんごい街

すんごい街
福岡…!!

すんごいっす。

数年前のニュースだったと思うが東京を抜いて「世界経済が注目する街。」として紹介されていた理由が分かった気がする。

街、街、街…

有楽町、銀座、渋谷、新宿、池袋…

上記の街全部を縦横に並べたような

圧倒的な活気がある。

全く新しい感覚。

あっ、あと新橋も足しておこう。

ともかく、この滞在の1週間だけでは、とてもじゃないがこの街の魅力を知りうる事は出来そうにない。

そう思ったら、ハタと足が止まってしまった。

自分が好きになってしまった人が自分なんかと比べられない位、崇高で何だか自分が小さく見えてしまう

何故だかその感覚にそっくりな気がした。

多感であるという事は時にくたびれる…。

今日は弱音を吐いてみる。(^_^)

2009年9月10日 (木)

こんな事ばっかやってます。

Photo287 マッスルトーナメント。

楽屋割りの名札を使ってこんなイタズラを。

若手最年長の大先輩、塩山さんの名札の下には(悪魔超人)の文字が、、、!

だれの仕業かって、、、?

そりゃあ、アナタ!

ご想像にお任せ致します。( ̄ー ̄)ニヤリ

2009年9月 9日 (水)

開眼?

Photo276 ヨガマスター知毅。

ついに開眼?

無我の境地に頭には小鳥が。(゚ー゚;

2009年9月 8日 (火)

どうしよう、、、。

ホテルの部屋のペイチャンネルが何故か見れる、、、。

ペイと言うからには普通は有料なのだが、、、

お試しの一分をとうに超えても、視聴出来てしまう、、、。

これはどうやらこの部屋だけらしい。(゚ー゚;

どうしよう、、、。

大人な映画が見れてしまう、、、。

明日の朝、チェックアウトの際に大きな声で「田中様、映画代のお支払いをお願いいたします。」と言われたら、、、

どうしよう、、、。

俺は無実だ。Photo278

2009年9月 7日 (月)

明日、熊本を去る。

ほんまええ街やったなあ。

夜ふらりと熊本城に行ってみた。すでに暗いお城の裏手の大きな草原からフワリと暖かい草いきれ

これを運んで来たのはまさに秋風で、こうなってしまうとあれ程憎らしかった夏が名残惜しくなってしまう。

風がやむと、閑とした草原だけの風景。

「閑」

公演終了後、楽屋からの階段を上がって外に出ようとした時、一人のお客様からお手紙をいただいた。

「ご感想を書いて下さったのですか?」と尋ねると「いえいえ、そんな大した物ではありません。」と恥ずかしそうに手を振りながら人ごみに消えていかれた。

ただメモ用紙を切り裂いて二つ折りにしただけのお手紙、そこに一言、

「とても素敵でした。」

とあった。

たった一言だけど、とても思いのこもったお手紙でした。

僕はその一言よりも、慎重に切り裂いたつもりが、斜めになってしまたその切り口と、何よりその一言を包んでいる余白に情緒を感じた。

閑とした余白にしたためられた文字。

考えてみると、まさにこの芝居がそうである。

静かな時間の中で人間の営み、愛情が淡々とつづられる。

稽古中はその静けさを、時に疎ましく感じた事もあったのだが、、

「閑散」そう、閑とした時間は常に散り続けているのだと思う。

「散っている」以上、それは動き働きかけている。

その働きかけの中にあっては、言葉は枝葉である。

演出家が時に「気持ちは大切に、台詞はいい加減に。」と言っていた意味が少し分かった気がした。

あのお城の草原の中に既に秋はあった。それに気づかずに去ろうとした僕に痺れを切らした風がそれを教えてくれただけなのかもしれない。

グッバイ熊本。(゚ー゚)

2009年9月 6日 (日)

癖毛

「雨の日でもうねらない!自宅で簡単ストレートパーマ。」

携帯から僕のブログをご覧になっておられる方は記事の下の方にこんな広告が出ていると思います。

パーマ、癖毛、、、昔から憧れます。いいなあ。

ストレートヘアってほんまアレンジがききませんからね。

「アホウ!癖毛は大変やねんぞ!」

癖毛のかなりきつい僕の知人はこう言う。

雨が降りだすとそいつは決まって「チッ!」と舌をならす。

確かに、傘をさして歩いていると、そいつの髪型がみるみる変わっていくのが分かる。

振り返るたびにそいつのソウルトレイン度が増していくので、その話題に触れないよう気を使うのである。

人は単に自分にないものを求める。

今日は熊本公演二日目。終演後は交流会です。(*^-^)

写真は昼間のホテルの窓からの景色です。右上に熊本城。Hiruma

2009年9月 5日 (土)

慣れない手つきで

Syoumei 今回のリビエールの仕込み、バラシでは照明さんのお手伝いをしている。

長年やってきた音響班は、僕よりも音響に詳しい後輩の出現によりクビになってしまいました(;д;)

慣れない手つきで照明機材を吊ったり降ろしたり。

ああ、覚える事が多すぎる!照明機材の名前は覚えにくい!

ITO、フット、リクリ、、、

NPO、プッチョ、クリリン、、、

ちゃうちゃう!頭こんがらがってきたぞ~\(;゚∇゚)/

特典映像「ホテルの部屋から見える熊本城」

Shiro

2009年9月 4日 (金)

テロリスト

園芸用の土とスコップを買いに行った。

旅公演中に木でも植えるのか?

いやいや、昨日から心に引っかかっている事を解決したいのだ。

劇場に向かう道のり、市役所の植え込みに子猫の亡骸を見つけた。

それはちょうど目の高さにあって、事故というよりは病に力尽きてしまったように見えた。

これを食事とする生き物達に見つかってしまう前に砂を盛ってやった。

一袋では足りなかったので、ランニングがてら買ってきたもう二袋を追加した。

市役所の植え込みで土を盛りスコップでペンペンと叩いているその後姿は不審人物、あるいはテロリストの体そのものだったが、幸い人通りは少なかった。

「成仏しなはれや。」そう思っていると「ニャー。」と答えた気がしたが、これは今しがたふいた風の悪戯だろう。

2009年9月 3日 (木)

桜島

Sakurajima 桜島に渡ってみた。

この歳になると「生まれて初めて見る光景」そのものに慣れてしまっていて、大して感動も少なくなっているはずだったが、、、。

溶岩で埋め尽くされたその海岸に釘付けになってしまった。

海岸沿いの草原からにょっきり突き出した無数の黒々とした溶岩の塔。

歪な形のまま固まったそれは、ちょうどその上に見える積乱雲にそっくりで、白と黒のコントラストが映えてみえた。

自然の生み出すものは何処か似ている所がある。

溶岩の塔にとまっていたウミワシが「そんな事に驚いているのか。」というような表情をみせた後、ピョウと飛び立っていった。

「雨が降るぞ。」と教えてくれたのか、促されるまま空を見上げると、ちょうど先程の積乱雲と、山から出た火山灰が重なり交じり合った。

突然の夕立。

これが島を後にするきっかけとなった。

2009年9月 2日 (水)

ランニングマン

Photo267原子核の旅で美味しい物をいっぱい食べて大きくなったこの体、、、。

普段からフラットな体型でいないとキャスティングも限定されてしまいます。

一念発起してランニングを始めました。ランニンググッズもしっかり揃えて準備万端!こういうのはコスプレから入らないとね。

しかし、しかし、、、なかなか落ちないこの体重、、、。

12月の芝居ではどんな役が来てもいいように最低5~6キロは落としておかないと!

そうこう考えていると早速メールが!

「12月のお芝居の件ですが、キャスティングが決定いたしました。美央さんにはカタツムリ役をお願いいたします。」

、、、、、!?(゚ー゚;

カタツムリって痩せていたっけ?太っていたっけ、、、?

いずれにせよ、12月どんな事になるやら!今から楽しみです。(◎´∀`)ノ

2009年9月 1日 (火)

バス移動

Basu 今日は昨日の公演地、田川から鹿児島までバス移動です。

ご挨拶のときに「田川は初めてです!」と言ってしまったものの、丘の公園に登り思い出しました。「あれ?ここに来たことあるんとちゃうかな、、。」

懐かしいなあ、黄金色のい夕暮れというお芝居以来だから実に7~8年ぶりか。

記憶なんて曖昧なもんやなあ。

ノンビリとバスに揺られて4時間、鹿児島はどんな街なんやろか。

特典映像「似合わない帽子をかぶってみた」

Bousi 顔デカ過ぎやろう、、、

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト