出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

最後の最後で

最後の最後で穴だらけになってしまった我がブログ

歴戦の傷痕と言えば格好もつきますが

ようは本番中にひいた風邪が振り返して今の今まで寝込んでおりました。

最後の最後で歯抜けもまたよし。

頑張りましたもの。(^・^)と自画自賛。

たまにはね。自分を甘やかしてやらないとね。

少し体調もよくなったので、手付かずだった部屋の掃除を

れいに習い「地球箱」の台本ともバイバイです。

最近になってブログを読んで下さった方の為にお話すると

僕は過去に携わった仕事の台本を手元に置きません。

良い思い出も、悪い思い出も

学習も反省も

芝居が終わったと同時に捨ててしまいます。

それは単純に確保のスペースが無いという事と

次に読むべき戯曲が無い場合

貴方は役者ではなく唯の人なのだ。

と、自戒する意味があります。

でも以前は「唯の人=仕事の無い唯のアルバイトの人」だから仕事が続くように頑張れ!と自分を追い込む意味が主でしたが

最近は

「一度、フラットに戻ろう。」という意味が含まれている事に気が付いた。

これはきっと、長く芝居と付き合う上手い方法なんじゃないかと

今では思うですよ。(^・^)

そして今

唯の人と相成りまして

病み上がりのまま月を見上げとるです。

う〜ん、これはこれで悪くないね。

年末年始って毎年こんなポカーンとした感じだったっけ?

来年はきっともっと楽しい事が待っている。

待ってないなら迎えに行く。

うん。そうしましょう。

今年一年、このブログを支えて下さった皆様に

感謝、感謝、感謝です。

本当に有り難うございました!

皆様のコメントがどれだけ僕の支えになった事か!

言葉に出来ない程の想いを込めて

今年も

人生は

素晴らしかった

そして

これからも…

皆様

本当に有り難うございました!

2009年12月28日 (月)

「感謝」「有り難う。」「でい!」


地球箱

皆々様のおかげをもちまして無事終了致しました。

ご来場頂いたお客様

コメントにて応援頂いたお客様

スタッフさん、並びにお手伝い頂いた皆様

そして

共演者の皆!!!

本当に有り難うございました。

ついでに

2009年

オメーもな(゚▽゚*)

絵の具のそれとは違い

思い出に思い出を塗り重ねる時

色は濁りをむしろ好しとし

「消してしまいたい。」と煩っていた黒点さえ

なくてはならない

起点だったのだと

今は分かる。

全ての人、事象に

感謝。

2009年最期の仕事

「カタツムリ」

いい顔してるっしょ?(*^-^)

皆さん、ほんま、有り難うございました。

そうそう

今日も人生は素晴らしかった

でい!

2009年12月26日 (土)

この時は知る由も

この時は知る由も
そうそう

24日の休演日の稽古の合間に

クリスマスケーキの差し入れが!!

色とりどりの甘いケーキを皆で仲良く頂きました。(^・^)

本番中の楽しい一時。

しかしこの日の帰り、僕は風邪をひいてしまうのですが…((+_+))

この時は知る由もなく…

今日は熱も下がり、マチネ、ソワレ共に充実した公演となりました。

ホンマご心配をお掛けしました。

つくづく健康である事の有り難みを感じましたですよ。

もーあんな経験はコリゴリ…

今日のマチネはお子さんが沢山だったので

カタツムリの客席ハケの際

子供が大きな声で「バイバイ〜!」と手を振ってくれました。

サブキャラの楽しさってこういう所にあるよね。

明日は楽日

感慨深い1日になりそうです。

何よりもその1日を健康で迎えなければ!

というワケで今日はこれにて!

お休みなさい(^・^)

2009年12月25日 (金)

不摂生((+_+))

いや〜クリスマス。

地獄のクリスマス…!

実は今日の2ステージ…

39度の高熱での2ステージでした…

まさに地獄…。

意識が朦朧とするなかの本番

いかんですな。((+_+))役者失格です。

朝、病院に行ってインフルエンザの検査を一応受けましたが結果は陰性

良かった(^・^)

しかし不摂生が祟っての風邪、そして高熱…

お恥ずかしい。

皆様、手洗いうがいをお忘れなく

今年の風邪は厄介ですぞ。

一生に一度の思い出深いクリスマス…もう二度と味わいたくないっす。

後4ステージ!!

頑張りマッスル。


2009年12月24日 (木)

休演日も稽古なのだ!(^・^)

休演日も稽古なのだ!(^・^)
休演日も稽古なのだ!(^・^)
メリークリスマス・イブ!

そんな言葉ないか?((+_+))

まっ、兎に角、世のカップルは今日が一番の楽しい夜ですな。

しかし、しかし

我々は頑張るですよ。

初日で温かい反響を頂いたからこそ

休演日だろうと稽古です。

何と言っても

トゥー・アール・マンションの醍醐味は緻密に計算されたパフォーマンスシーンです。

昨日の反省を今日に、今日の進歩を明日に繋ぐべく

イブだろうと稽古!!

こんな気合いの入った舞台

見ないワケは有りませんよ。(^・^)

後、六回戦!

毎回が楽しみです。

そうそう

昨日のアンケートにカタツムリ、バッタ、ヒヨコの絵を書いてくれた子供さんがいましたよ(^・^)

これこそが元気の源なのだ。

可愛い絵を有り難うね!

夜も稽古は続きます。


2009年12月23日 (水)

初日(^・^)

初日(^・^)
地球箱

おかげ様で無事に初日の幕を開ける事が出来ました。

ご来場頂きましたお客様、本当に有り難うございました。

大変な稽古でしたが、そんな苦労も終演後、ロビーで観劇後の子供達の笑顔を見ていると帳消しになります。(^・^)

子供のお芝居もやっぱりいいなぁ。

しかし、しかし大人の皆様にも好評頂いております。

嬉しいなぁ。

明日は休演日ですが…何と…!?

続きは明日のブログでね。

田中美央=カタツムリ

なかなか見れないこのキャスティング!

是非とも座・高円寺まで足をお運び下さいね。

2009年12月22日 (火)

いよいよ明日は

明日はいよいよ初日!!

明日も小屋開きと同時に劇場に入りギリギリまで調整です。

頑張りますよ〜(^・^)

ゲネも無事終了。

現金なものですね…リハと違い、ゲネの客席に関係者等、パラパラお客様が入ると

役者は俄然、スイッチが入ってしまうですよ。

リハで手を抜いてる訳ではないですよ!!!((+_+))

以前にも少し触れたかな?

小屋に入って暫くは芝居が自分の手から離れていくように思える感覚の事を

何でしょう?淡々とチェック事項をこなしながらリハを進めている間は

感情抜きに淡々と進める、あの儀式の時のように

ちょっと窮屈なのです。

しかしゲネ、本番になると、やっと芝居が帰って来る

再び台詞に命が宿る

力がわいてくるですよ。

「座・高円寺」やっぱり好きかな。

芝居中、舞台に座って見上げると

スモークマシンの煙に巻かれ

天井が本当の空に見えたりね

このタッパはいいねぇ(^・^)

今回の舞台で初めて台詞を喋る役者さんにも

「空間を広く感じる事」の大切さを伝えました。

言い方なんてのは二の次で

まずは思い切り呼吸してごらん

とね。

さて初日

如何なるスタートとなります事やら

楽しみでなりません。

明日、ご来場のお客様!

どうぞ、お楽しみに!(^・^)

2009年12月21日 (月)

好敵手な野郎共(^・^)

好敵手な野郎共(^・^)
好敵手な野郎共(^・^)
いよいよ明後日!!

「地球箱」スタートです(^・^)

いつの間にやらキャスト最年長の僕と楽屋を共にするのは…

各劇団の屈強な若手軍団!

ゴジゲン、紙麿呂、トゥーアール、オモロイやつらばかり。

舞台での彼らのキラキラした姿をどうぞお楽しみに!

舞台となる「座・高円寺」ホンマええ小屋でっせ。タッパの高さに仕込み班としては泣かされましたが((+_+))、演者としては挑戦し甲斐を感じました。(^・^)

最近の公の劇場はとても個性的で

当たり前に考えていた経験が当てはまらないケースも多いけど

だからこその使い方がきっとある。

空の客席に座り「スッ。」と息を吸うと

凛と清んだ酸素が鼻腔を走る

これは良い兆しだ。

只の勘のようだけど

精一杯、培ってきた勘だ。

きっといい事があるに違いない。

明日も9時入り…((+_+))頑張ります。

今日も

人生は

素晴らしかった。

2009年12月20日 (日)

九品仏!


今日は午前と午後に分けての最終稽古!

最終かあ、、、寂しいね、、、(ノ_-。)←また言ってます。

午前の稽古場「上の毛」から「九品仏」に移動後、昼休憩がてら共演者の「ケンゴ君」と九品仏が奉られている浄真寺にお参りに行って来ました。

す!ご!い!\(;゚∇゚)/

ちょっと驚きました。こんな身近にこんな凄いお寺があったなんて!!!!!

大げさではなく、ほんと凄い!実は全国的には有名なお寺だったりします?ここ?無教養でごめんなさい。(;д;)今まで全く知らなかった!

敷地、建物の大きさは勿論

内容?が凄い!

まず入ると直ぐに「閻魔像」これが大迫力!

大門の阿形、吽形像

その裏にちょっと可愛いらしい風神雷神

釣り鐘の周りには仕事の細かい「干支」の彫刻(←よく見ないと分かりません!)

そして一番奥には九体の阿弥陀如来!

これはね、、、九体の「大仏様」と言っていい程の大きさなのです。圧巻です。

入るやいなや、そして出る寸前まで「ほえ〜!」「うわ〜!」「素敵やねえ〜!」と連発する俺に呆れてケンゴ君が一言

「ミオさんと一緒に歩いてると旅番組見てるみたい。」と(゚ー゚;

う〜ん確かに「感動屋」だし、、、向いてるのかもね?

明日は小屋入り、明後日のリハーサル後、明々後日はいよいよ本番スタートです。

地球箱!宜しくお願い致します!ヽ(´▽`)/

2009年12月19日 (土)

だ〜!!もう!!

だ〜!!もう!!

天袋に引っ掛けた洗濯物がうっとうしい!

とっくに渇いてるんだけどね。畳むのメンドーなので、外して直接着てまぷ。(-ε-)

台本を読もうとすると頭上の四角い物体の影が邪魔で暗くて字が見えん。見上げるとパンツ。お前の影かい!。後30センチ手を伸ばせば届くのだけど、まっええか。その内ね。

コタツの上の缶コーヒーが倒れた

咄嗟に拭き押さえた布巾をよく見ると、明日履くつもりの靴下だった。

だ〜!!もう!!

いやいや!思い出せ!

今日は副業先で蟹缶を頂いたではないか。(◎´∀`)ノ

あれを喰うべ。

ゆっくりプルタブを立ち上げると

「クウァン。」とおナラのような音と共にリング部分のみが取れてしまった。

三大悲劇

今日はもう

ふて寝です。

おやすみなさい。37

2009年12月18日 (金)

後二日

稽古も残すところ後二日。

いよいよですな。(゚ー゚)

いよいよなのです。

年々、本番よりも稽古の方が好きになっている自分がいる。以前は逆だったが

小屋に入ると、皆で築き上げた作品がもうすでに誰かの物になってしまっている様な、

そんな寂しさがある。

後二日か。

話し合いの結果、また自分のシーンをシェイプした。

「もうちょっと見たいのに!」のギリギリのラインまでシェイプして

作品全体に勢いをつけたい。

今までの通しでは発表していた上演時間1時間を10分近くオーバーしているので

すこしづつ譲り合わなくてはね。(*^-^)

わずか、しかし濃厚な1時間

座・高円寺はたっぱのある劇場だと聞いた。

いいね。折角だからワンシーン

本物の空を見てみたい。

見えるかな?見えるといいな。

2009年12月17日 (木)

過ぎたるは…困りもの

過ぎたるは…困りもの
我が家の扉に挟み込まれた、これは、、、?は、果たし状!?

いやいや、犯人は今度新しく契約を交わした不動産屋のジイ様。

壊れていた瞬間湯沸し器やら雨戸を取り替えたりと

引っ越し後も色々と世話になっているのだけど

如何せん達筆過ぎる。

留守中に来てくれた際は必ずドアに手紙が挟んであるのだけど

全く読めん…((+_+))達筆過ぎる!

今まで三通お手紙を頂いているのだけど、どれも読めたためしがない(゚ー゚;

結局、こちらから電話して

「あの〜ご用件は…。」とね。

気にかけてくれてあんがとね、じっちゃん

しかし次回からはワン切りしてくれればオッケーよ

結局、こちらから電話しますよって。

( ´,_ゝ`)タノンマス

2009年12月16日 (水)

出演依頼


来年の三月の舞台の出演依頼が来た。

「まずは台本を読んで下さい。」と、制作。

新しい台本に目を通す瞬間はいつも興奮するね。

しかし、、、なんと難解かつ、前衛的な台本、、、。

舞台上に居たはずの登場人物が突然消えたり、またいつの間にか現れたり、、、

話の飛躍が凄まじい。むむむ、、、手強い台本だ。

「自宅で読んでるから頭が散漫になってるのかも。」と

しきり直して喫茶店へ

しかし分からん、、、何度も前半を読み返す内

制作の手違いで裏表印刷の裏部分がコピーされていない事にやっと気づいた。

開封からここまで約30分

ちょっと俺、ニブ過ぎ?

( ´,_ゝ`)シッカリセー

2009年12月15日 (火)

ニュートラル

ニュートラル
総合監修、フェニックス氏の駄目出し。

台本に書いてる暇が無いから黒板に書いて稽古していました。

フェニックス氏は謎が多い。

何故あそこまでシーンの問題を的確に見抜けるのか…?

一つ言えるのは、彼が僕の人生の中で久し振りに会う天才って事かな。

何から何まで、さじ加減がちょうど良いのです。

僕に対しての駄目出しで言うと

彼は要所要所で僕にニュートラルな状態でいる事を求めて来る。

ただでさえファンタジーなのに!その世界においてニュートラルである事がどれ程怖い事か

でも、そうあれと。

これ程嬉しい事は無いね。

ファンタジーの中にこそ現実を

現実の中にこそファンタジーを

それが一番面白い。

これは以前書いた「悪役の色」の話に通ずるかもしれない。

だから毎回、待っている。楽しみに待っている。

彼が「美央さん、そこニュートラルでやってみましょうか。」と言ってくるのを

僕の芝居はいつも目分量だからね。

色々と教えて欲しいのだ。

稽古もいよいよ大詰めだ。(^・^)

2009年12月14日 (月)

禁断の味は蜜

今日は久々に昼過ぎまで用事が無かった。

束の間の休息。

またもやゴミ屋敷と化した部屋を片付けるつもりだったが

やっぱ無理ですた。

ああ、もう2週間以上、布団で寝てないよ。

中古で炬燵を買って以来

「あかん、こんなとこで寝たらアカン、、、。」と分かっているのに炬燵で寝る癖が直らんのです。(゚ー゚;

あの「アカンのに、、、。」って禁断の感覚がたまらんす。

畳まれた洗濯物置き場と化した布団を横目に

溶ける様に炬燵で眠りに落ちる気持ち良さ。

毎度、朝起きると何だかダルくて「しまった!」と思うのだけど

どーしてもね。(^-^;何処までも堕ちてゆく、、、本番前の生活サイクル

芝居以外、何にも手がつかなくなるのは毎度の事、、、。

写真は芸術劇場リハーサル室の床に咲いた花

こういう抽象画を見た覚えがあるなあ。

2009年12月13日 (日)

合間に

4度目の通し稽古と抜き稽古の合間、

作家の石原さんとお話する機会があった。

稽古中のこうしたちょっとした手持ち無沙汰な時間が

昔っから好きだ。

ゆっくりお話をするのは初めてだったが、何だか昔からの知り合いのように、

すらすらと沢山のお話が出来て楽しかったです。思っていた通り素敵な方でした。(*^-^)

地球箱の話は勿論、何故かヤッターマンの話とか。

同世代って話が尽きないものですな。

そんな雑談の中にも垣間見える、洞察力の鋭さにちょっと驚いた。

「美央さんは優しい事しか言いませんね。」「遠回しに話をしますよね。」

とかね(゚ー゚;

鋭いツッコミ。

確かに上の二つはそう。でもずばり過ぎてちょっと嬉しかった(゚▽゚*)

上の二つの習性は出来るだけ隠そうとしているのですがね。

もしかしたら「バレてない!」と思っているのは本人だけで

自分以外の人間にはとっくにバレているのかもしれませんが、、、。

自覚は大いにあるですよ。

意図的にそうして所もある。

私はきっと自分の事を「優しい事だけしか言わない係」なんだと思ってる。

人に好かれよう、いい人でいようなんて意図は全くない。

むしろ厳しい現場において私自身が「いい事しか言わない。」lのは、失う信頼の方が大きいと思う。しかしそれも覚悟の上で

ギスギスした現場の中や、行き詰まって見えなくなってしまっている誰かに一番届きやすい言葉で話したいと熟考した末

出て来るのがたまたま「優しい言葉」なんだと思う。

実は結構、皮肉屋だったりもするのだが

知る人ぞ知る一面だ。

これも知る人ぞ!と思ってるのは自分だけで

皆、とっくに知っているのかもしれないね。\(;゚∇゚)/

でもたまにピシャリ!あるよ。

2年に1回位ね(゚ー゚;

愛するが故に。

2009年12月12日 (土)

三度目の通し

三度目の通し
大好きな池袋の稽古場とも明日でお別れ

今まであんがとね。毎日が楽しいよ。

今日は三度目の通しをした。

イージーミスは置いといて

反省点は多々ある。

リズム、リズムに拘り過ぎて

自分自身が楽しむ事をすっかり忘れてしまっていた。

いかんね…((+_+))この位の時期

役者は何故か盲目になる

シーンに対する違和感を自分では分析出来なくなってしまう

毎度の事だから、別段驚きもしないが

何とかならんもんかね?

こういう時は

全体を良く見る必要がある。

自分のシーンだけに固執してはいけない

前後のシーンをよく見て

どういうバトンを貰って

次にどう渡すか。

いくら「抜き稽古」をしても駄目だ。

全体を見る。

全体は決して部分の総和ではない。

まさに今そう思う。

2009年12月11日 (金)

あえなく断念。((+_+))

あえなく断念。((+_+))
僕はどーしても、自宅では台詞を覚えられません。

ついつい家だと甘えてしまい仕事モードにならんとです。

だから台本入れはもっぱら喫茶店。

しかし中目黒の喫茶店開拓は未だ出来ておらず…

仕方なくスタバにて台本入れ。

何だかね、チェーン店は落ち着かんですよ。

ボロくて温かい喫茶店、ないかなぁ。(^・^)

マスターが埃と同化してしまってるみたいなね。

今度ゆっくり探すつもりです。

さてスタバ

店内席は満員、仕方なくテラスに座るが…

寒い…寒すぎる…((+_+))

台本を捲る手が本気で震えてる位…

ガチガチと歯まで鳴り出す始末

こりゃアカンわ。

あえなく断念((+_+))

マイカップにしといて良かった。

しかし流石は作家さん

僕が自分で作った台詞って何故こんなに頭に入ってこないんだろ?

不思議です。

言葉のリズム…なのかなぁ?

きっと言葉に対する愛情の差

なんだと思う。

やっぱり作家さんは凄い…((+_+))

2009年12月10日 (木)

池袋芸術劇場

池袋芸術劇場
池袋芸術劇場
今日から1週間

稽古は池袋の芸術劇場地下にあるリハーサル室にて行われます。

本番は「座・高円寺」ですが

劇場近くのリハーサル室で稽古となると

「いよいよ間近だな…!!」

と気が引き締まります。

実尺に近い稽古場での稽古は、この1週間限定、

再来週からはまたいつもの稽古場に戻らなくてはなりません。

さぁ!やらんとね(^o^)

頑張りまっしょい。

二回の通しを経て、大幅な台本改訂を行った。

全員の話し合いで、より良いアイデアを持ち寄り

より分かりやすく物語を進める為だ。

楽しい。(^・^)

見え隠れするゴールを皆で一生懸命追いかける姿は

どんな景色よりも素晴らしい!

って…

何でアンタは見てるだけなの…?(-。-;)

決してサボってる訳ではありませんよ

改訂したシーンの台詞を稽古を見ながら一生懸命書いておるのです。

ちゃんとお仕事してマッス。(^・^)

そうそう

今回、僕は二役です。

一つはカタツムリ、もう一つは…!

闇の商人!

怖いですよ〜(^・^)
声のみの出演ですが、闇からの地響きのような

怖〜い声で魅せマッス。

お楽しみに!

2009年12月 9日 (水)

押忍!家庭科部、第一弾!

押忍!家庭科部、第一弾!
押忍!

こちら家庭科部っす。

第一弾は「そのまんまグリーンカレー」

「そのまんま」の理由は玉葱以外の野菜はヘタ付き、皮付きだからです。

テレビで「エコレストラン」特集をやってて、「生ゴミを殆ど出さないのもエコ」との考えから食べられる皮は全部使った料理が紹介されていました。

こいつはいい!

調理も楽だしね。(^O^)

よく水洗いしてぶつ切り!

これぞ押忍!家庭科部!

人参なんかプリッとした歯ごたえがあって皮付きの方が僕は好きかも。

レストランのグリーンカレーとは程遠いが

なかなか押忍!(^O^)

2009年12月 8日 (火)

二回目の通し

二回目の通し。

これだけ稽古してやっと二回目の荒通し。やはり普通の芝居と違い、パフォーマンスシーン等、部分部分の精度を高めなくては成立しない演目故に稽古も大変だ。

難しいね。

しかし積み重ね。汗は絶対裏切らないからね。頑張りまっしょい。ヽ(´▽`)/

芝居シーン。私事で言うと、ようやく全体が見えてきた。自分発信ではなく舞台上から見付ける余裕が出てきたかな?

自分が集中しているか、散漫であるかを見極める基準が最近変わってきた。

以前は雑念の無い状態、無意識に体が反応する状態(←これ嘘臭い。)を集中と呼んでいたけど

それって本の受け売りやね。勿論、そんな教科書通りの状態も無い事は無いが

あんまりアテには出来ない。

どうしても意識的になってしまう場合?

無意識を意識するが故、逆に饒舌になる事は?

う〜ん。

それよりも、大切なのは「探せるか。」

舞台上で探す余裕があるか。

「何か面白い物、落ちてないかなあ?」この状態でいれればOK。充分、集中出来てる証拠。

つまり初動だけエンジン使って、後は思い切ってエンジン切れるかが大切。

惰性で坂を転がり落ちるのを楽しめると素敵かもね

全てをコントロールしようとするなかれ。

このへたっぴ!(←自分に言うてます。(-ε-))

2009年12月 7日 (月)

都市伝説

都市伝説
先日、中目黒から自由が丘方面の電車に乗って稽古場に向かう途中

祐天寺駅で停車した対向電車から下車したじい様を見て驚いた。

「あのじい様…!まだご健在だった!!」

僕が数年前、中目黒に住んでいた頃から

祐天寺〜六本木間を往復する謎のじい様をたまに目撃しては、ビックラこいてた。

何をおいても、まず絵の出で立ちに注目して欲しい。

まず

上下は季節に関係なくサッカー日本代表、青いユニフォーム。

「手タレ」が愛用してらっしゃるような、肘まである長く白い手袋。

白いハイソックスにリュック

そして何より特筆すべきは、、、!!

白いヘルメットの上でクルクル回るタケコプター!!

これね、、、嘘だとお思いでしょうが本当です。実在のじい様です。

以前も、そして最近になっても目撃してますし。(゚ー゚;

色んな観点から再度目撃しても写真は勿論撮りません。

絵からご想像下さい。

それでも「この目で見ないと納得いかない!!」と思われる方は東横線、祐天寺駅にて張り込みしてみて下さい。

すぐにお分かりになると思います。なにせ、、、かなり目立っておられますので。(^-^;

年中同じ格好しとられます。

じい様、、、貴方は一体、、、何者、、、?

でも

お元気そうでなにより。ヽ(´▽`)/

2009年12月 6日 (日)

意味が分かりません

090129_003829_2 「まつげ

¥6000

~つけ放~」

つけ放題らしいです。

三つ位つけちゃおう!

( ´,_ゝ`)ボーン!

2009年12月 5日 (土)

何をどう間違えたら

何をどう間違えたら
こうなる?

( ´,_ゝ`)ダレヤネーン

2009年12月 4日 (金)

何たる落とし物

何たる落とし物
副業先

勤務中「ドサッ!ドサッドサッ!」と不審な音…。

酔っ払いの悪戯かと恐る恐る音の方向に近寄ってみると

何たる落とし物。

流石は六本木よね。

最近、花屋をチェックしてるから良く分かるけど

かなり高価な花束だよ、これ。

恐らくキャバクラのお姉さんが手に余って、貰ったそばから捨ててしまったんでしょうよ。

雨に晒されて尚、力強く在る。

とにもかくにも、取り敢えず救出してみた。

WOW!

バケツに差してみると圧倒的なボリュームなのが分かる。

明日の我が家はちょっとしたジャングルだよ、こりゃ。(^_^)

確かに

今日の運勢はNo.1かも。

あんがと、お姉さん。

今日も

人生は

素晴らしかった。

2009年12月 3日 (木)

窓越しの灯り

Photo462_2夜中

家中が「カタピシ、カタピシ」と響いてる。

怖い話じゃないですよ。正体は雨。

予報よりも早く降り始めた雨

洗濯物もタップリ干したまま。「降り始めたな、、、。」と分かっちゃいるのに

体が動かない。雨だって認めたくない。夜中の三時にせっせと取り込みたくない。

だから夢の中でいっぱい言い訳をしてる。

「これはきっと家がきしんでる音だ。」とか「出たな!お化け!」とかムニャムニャやってる。

ほんとは分かってるのにね。

そんな言い訳のおかげで今日はローなスタート。

全滅した洗濯物越しに恨めしく雨を見上げる。

ラジオの占いが珍しく「今日の運勢No.1は蟹座です!」なんて喋ってる。

よく言うよ。

そうそう

トルコランプを買ってみた。

一部かけてる安物だけど。

以前行った事のある喫茶店の窓越しに綺麗に輝いてたトルコランプ。

二階に上がると温かい木目調の店内。騒々しい装飾は殆どない。

唯一の窓の外に吊られたそのランプがとても印象的だった。

日が暮れた木々の輪郭の中、敢えて屋外に吊るのが上手いと思った。

あれは何処の店だったかな。随分前の記憶だから思い出せない。

何でも直ぐに真似してしまうのです。(*^-^)

殺風景な部屋に一つ、窓越しに温かい明かりが灯った。

すきま風の寒い部屋もこれだけで少し気持ちが温かくなるね。何事も工夫が大切。

今日は夕方から稽古です。

頑張りますよ〜。何たって運勢No.1ですから。ヽ(´▽`)/

2009年12月 2日 (水)

再来年

東京原子核クラブ。再来年の旅公演のスケジュールが出ました。

まだザックリとだけどね。

来年は地方公演だけだけど、再来年は東京公演とのセット出来るらしい。

また皆さんに「武山さん」観ていただけますね。頑張ります。

このままの勢いで行けば全国制覇も夢じゃないかもですね。

すっかりライフワークになってしまった「東京原子核クラブ」

本当に有り難い事です。(◎´∀`)ノ

僕の周りの客様の声を聞いていると「もう一度観てみたい。」と要望が多いのが

「東京日記」「蒼ざめた馬」この2つが圧倒的に多いですね。

確かに!!これは僕が「もう一度演じてみたい。」作品とも一致します。

滅多に「もう一度演じてみたい!」っとは思わないのですけどね、、、( ̄Д ̄;;

この二つは特別ですね。それに原子核。この三作品。

そのうちの一つ「原子核〜」の輪が全国に着々と広がって行っているのはとても嬉しい事です。

頑張りますよ〜。

お!それと「リビエール」四つね。なんやかんやでドンドン出てくるね。ヽ(´▽`)/


2009年12月 1日 (火)

何だかアート


稽古場の柱と壁の間に挟まれた靴下。

だ、誰の仕業?しかしこのコンクリートとマッチした色味、他人の迷惑顧みない大胆不敵なパフォーマンス、、、。

ちょっとアートね。

何だかアヴァンギャルドな匂いがするぞ。

あ、「臭い」か。 ( ´,_ゝ`)〜プーン

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト