出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

夢診断出来る方!

Pb291886_2
一匹一匹は可愛くても

ここまでとなるとちょとキモイ、、、

昔見た、巨大プールの中に丁度収まるサイズの巨大錦鯉が一匹いて

そこに飛び込まなきゃいけない、、、という悪夢を見たのを思い出した

あれは本気で怖い夢だった。寝汗ビッショリ、みたいなね。

何方か夢診断出来る方!

この夢、どう分析されますか?

2010年11月29日 (月)

一気に駆け上がる

82C85FF1-3E5C-40D6-9CB9-605E5A84D7AF「ミオさんのアドバイスのお陰で合コンが上手く進みました。御礼に飯、おごらせて下さい!」

嬉しい話である。

具体的には合コンに着て行く服の相談に乗っただけなのだが

何にせよ、後輩が喜んでいる事が嬉しい。

あんまり高級な飯は自分が受け付けないので、いまだ行った事のない二郎の三田本店に連れて行ってもらう事にした。

10時開店。並ぶ事を予想して9時半に田町集合。

頑張って早起きしたが、時間に後輩来ず。心配して電話すると「今起きました、、、。」

うむ、、、良い良い。今日は俺がおごられる立場だからね。

初の三田本店!凄いボリュームに驚いた!流石は本店!美味かった。あんがとね。

アラフォーの朝食にはやはり二郎、厳しかったので、少し消化を促そうと歩き始めた。

泉岳寺→東京タワー→愛宕神社と、結構な距離1963B420-1496-4C12-9529-CB182CC503D2

その昔、曲木平九郎なる侍がこの階段を駆け上がり出世したという言い伝えのある愛宕神社の階段を一気に駆け上がる。

この階段が実に急で厳しい。何を!侍に負けてなるものか!と息も絶え絶えに上り切ったところ、、、

FAFBB308-4DFA-4526-B3CD-CC5343674E91

馬で上がったんかい!!

というねー。しっかりオチまで付けてくれるとは、流石は話題のパワースポット。

ええ運動になりました。ごっそっさん!

2010年11月28日 (日)

オーディションってなぁ

オーディションってなぁ

終わると必ずドーンッと落ち込んだ気分になる(^-^;

やだやだ

こんな時こそ飲みたくなる

あぁぁぁ、飲んで忘れてしまいたい!

まっ、オーディションも仕事の内なので、自分が下戸で良かったと本当に思う。

でなきゃ、毎日ヘベレケだ

結果などうなるか分からんが、いや、どうであれ

刺激的な内容でした。

もっと色んなオーディション受けたい!受けたい!受けたい!

また新たな課題と向き合いつつ

明日から頑張っぺ

充実した一日よ。感謝。

2010年11月26日 (金)

25キロ

25キロ
副業先の後輩に「中目黒から横浜まで歩こうかと思う。」と話した処

「無理無理無理!」と笑われた

そう言われると、、、やってみたくなる、天邪鬼。

実に25キロ

無理かなぁ?

おバカiPhoneによると「約5時間でぷ。」という計算だが、コイツ、サバ読みよるからなぁ

時間通りに着いた試しがない。

只今、ウォーキングにハマり中、そして再びのダイエット敢行中故

決行の日は近いぞよ!

海が見たいのだ!

と吠えていたら、横から

「お台場でいいんじゃないっすか?」

と後輩、、、

「何を言うか!ベイブリッジも共に見たいのだ!」と続けて吠えると

「じゃあ、レインボーブリッジでいいんじゃないっすか?」と

うむ、、、。それ的確ね。頼もしい後輩を持ってワシャ幸せよ。脱力。(ーー;)

2010年11月25日 (木)

じゃあらーぼすとんいっきうち

ブログネタ: “じゃんけん”のときの掛け声は?参加数拍手
面白いココログアンケートを発見

圧倒的多数は「じゃんけんぽん!」或は「じゃいけんほい!」なんでしょうが

「いんじゃんでほい!」これも少数派ながらあるでしょう。

そこで

この記事をお読みの関西圏出身の方にお聞きしてみたいのですが

「じゃらぼすとんいっきうち!」というジャンケンをご存知の方いらっしゃいますか?

正確には「じゃあーらーあ、ぼすとんーいっきうち!」

レードーラードーレドレ♬ 音階はこう。

あいこは「あいこでち!(ラドレ♬)」となる。

我が神戸市北区有野台小学校で確かにスタンダードなジャンケンとして認定されていたのですが、、、

こちらに来て以来、子供達のジャンケンにそのような掛け声を聞いた事が無い

そもそも「じゃあらあ」「ぼすとん」「いっきうち」とは如何なる言葉の羅列なのか?

「ぼすとん」→「ボストン(バックの意か?)」

「いっきうち」→「一騎打ち」これは分かる。

「じゃあらあ」とは?

聞いた事がある!使った事がある!という方!!

コメお待ちしております!!

2010年11月24日 (水)

お疲れさん。

E58699e79c9f
歴戦を乗り越えた来たベースから、やっと弦を外してやった。

乾燥の強い冬に備えメンテナンス

電気系統は工房にお任せするのが一番なので

指板にレモンオイルを塗る作業のみにする。

Fender USA Customshop Mastergread JB63

我が愛器

昔はライブ毎に弦を張り替えるのが当たり前だった。抜けのいい音=新品弦というのが常識とされていたからでしょうね。

エレクトリック・ベースのみの話だが、最近の風潮では「切れるまで張り替えない。」というプレイヤーが増えているそうですね。

確かに、新品弦のサスティンの長いクリアーなサウンドは魅力的だけど

今やエレキ・ギターの出力はハンパではないので、真っ向から勝負しては大敗は確実。

寧ろ錆びた弦の持つ魅力、サスティンのない超アナログな鈍い打楽器のような音の方が音の洪水の中で引き立つ気がする。

なのでこの弦、前々回の青山ライブから張りっぱなし!二年になるかな?

なので前回ライブ中「途中で切れたらどうしよう、、、。」とかなりビビリながら演奏してました。

酷使してきたベースちゃん。お疲れさん。ちょっと休みなされ。


2010年11月23日 (火)

〜の話

「友人を失いたくなければ政治と〜の話はするな。」

今日、知り合いのお坊様とこんな思い出話をした。

大学生の頃、僕の昔の親友がとある〜に傾倒してしまい音信不通となり

不安になった僕は仲間と共に、フェリーの三等客船を乗り継ぎ彼の様子を見に行った事があった。

彼はすっかり変わった様子で熱く彼の信心について語ってくれたのを覚えている。

皆は半ば諦め顔でその話を聞いていたが

僕はせめて彼の気が済むまで話を聞いてやろうと対面していた。

皆が寝静まった頃、彼はムクリと起き上がり未だ眠れない僕の枕元でこう言った

「ミオちゃんならきっと分かってくれるよ。」

翌日、彼は数冊の本を僕に手渡した。

「読んでみて。これが全てだから。」

帰りの船の中で僕はその数冊を読みあさった。

意外にスラスラと読みやすいものだ。生きて行く上でとても参考になる教訓が沢山書いてある。

全てに目を通した後、僕はスッカリ眠りこけてしまった。

翌朝早く甲板から日の出を見つめながら、僕なりの変な結論が出た。

「もしかしたら彼はこれまで本当に美味しい物を食べた事が無かったのかもしれない。」

彼はこれが「全てだ」と言った。

でも僕はその時点でそれと同じくらい素敵なもの、或はそれ以上に素敵なものを沢山知っていた。

もし彼がその時点でそれを読んで、それ以上に素晴らしいものを知らなかったのだとすれば、少し寂しい気がしたのだ。

「一部ではあるが決して全てではない。」

そう思った自分が幸せなのか不幸であるかは分からない。

でもそう思えた事を両親に感謝した。

そして僕は確かに、友人を一人失った。

しかし思い出の中にある彼への友情は今でも「それと同じくらい、それ以上に素敵なもの」の一つなのだと

いつかは伝えてあげたいと思うのだ。

2010年11月22日 (月)

心の故郷、、、?

EEE5CA28-3E2B-495C-81B1-C3B886D75064六本木の街にも静かな場所がある

夜の六本木アートトライアングル(ヒルズ、ミッドタウン、新国立美術館)周辺は意外に人も少なく落ち着きがある。

しかし駅前の猥雑さは昔も今も変わりませんな。

規制が厳しくなって一時は減ったものの、通り沿いにはまた呼び込みの兄ちゃん達がズラリと並ぶようになった。

彼らは言葉巧みである。

ちょっと笑ったのが

「よっ!兄ちゃん!どう?これからオッパイ!心の故郷オッパイ!どう?どう?」

成る程

オッパイは故郷らしいです。

試しに伏せ字にしてみたら余計Hになったのでオッパイ、そのまま表記いたします。失礼。

情緒溢れる古都の街角を曲がったら急にピンク映画館を発見してしまったような、気まずい気持ちになりますね。

えー、美しい写真とは掛け離れた話になってしまいましたが

遅ればせながら

ミッドタウンのイルミネーション。息を飲む程、綺麗ですぞ。

呼び込みの包囲網を突破して是非、足を運んでみて下さいね。

2010年11月21日 (日)

クタクター

E58699e79c9f
六本木マスカレード!

無事終了!ご参加頂いた皆様!本当に有り難うございました。

国立新美術館前から出発してロアビルで折り返しの往復、約45分のコース

これが、、、ただ歩くだけのはずがクタクタになってしまいした。

普段からストリートでパフォーマンスしてらっしゃる方は凄いなあと、改めて感心しました。

不思議なもので、、、台本があれば3時間の芝居であろうと余裕なのですが

ただ表現、アピールをしながら歩く事がこんなにエネルギーのいる事だとは、ちょっとナメてました。

勢い余って「昼間も参加する!」と副業を早めに切り上げ45分×2を歩いただけで

今もう何の役にも立たない人になってます。

2本目なんて皆、疲れオーラ出まくりでちょっと面白かったです。

でも昼間の休日の六本木があんなに明るく楽しい雰囲気に包まれるとこなんて!そうは見れませんですよ!

沿道から一生懸命、手を振ってくれていた子供達の笑顔が最高でした。

これは俳優座のそしてリア王の良い宣伝になったのではないかと思います。

スタッフの皆様、研究生の皆さん、一般参加の皆様、本当にお疲れ様でした!

来年も是非!参加させて下さいね。

有り難うございました。

2010年11月20日 (土)

残暑と初冬の距離

新生ブログ第一号のコメントが「急募!スイカップ美女とお知り合いになれるチャンス!」さんからのイタコメでちょと笑ろた

と同時に即座にクリックしてしまう自分を顧みてちょと凹んだ。

修行が足らんね。

最近歩き回ってます。

4〜5時間歩くとスッキリする。

Photo


ちゃんとした靴買わんと足ボロボロや、、、

向こう側の空に積乱雲を見た。

遥か遠くに見える季節外れの雲

あちらとこちら、残暑と初冬の距離、見えるはずの無い時間軸の縮図を横目に

今日も歩き考える、考える、考える、、、。

2010年11月19日 (金)

六本木マスカレード

六本木マスカレード
六本木マスカレード
ブログを新しくしました。

トップページ右のプロフィールの写真下から直接メールを送って頂けるようになったので、お便りや出演依頼等、バシバシ待ってますよー。

あ、ブログコメントも!大歓迎ですよー!

さて

突然ですが、来たる21日!六本木マスカレードに参加致します。

俳優座の有志を中心に我が座のお正月公演「リア王」の宣伝を兼ね、六本木の街をマスクマン達が練り歩きます。

本日はその衣装合わせ

旧衣裳部に着くなり「貴方は立派な体をしてるんだから貴族か王様ね!」なんて衣裳部のオバサマが盛り上がってくれました。嬉しい限りである。そうか、俺は高貴な雰囲気を漂わせておるのだな。この王たる風格を生かし道の真ん中を堂々と歩こうぞ!と、悦に入っておりました

この身長に合う衣裳がそう簡単に見つかるはずも無く

「あれもダメ、これもダメ、、、。」探してる内、だんだん雲行きが怪しくなって来た、、、

「やっぱりアナタ、汚い格好でいいわね?」

( ´,_ゝ`)アッチョンプリーン

始まりから一転、貧乏道化に成り下がりました。何たる転落っぷりよ。

えー、という訳で私は貧乏道化師として道の端っこをコソコソ歩きます。

俳優座連中は六本木新国立美術館前から12:00と15:00から出発致します。

私は仕事の都合で15:00からの回しか参加出来ませんが

ご都合の合います時間に是非。

六本木マスカレード→http://www.city.minato.tokyo.jp/release/list/201011/101118roppongi_masquerade/index.html

2010年11月18日 (木)

熊手

Img_0483

金が無いときゃ歩くにかぎる。

先日、散歩中に見かけた酉の市

目黒坂にある大鳥神社での一コマ

参道に入ると同時に「オーッ!」と歓声があがる。

景気のいいどなたかが、お店の中で一番大きい熊手を買ったらしい

1.5メートルはあろうか

一番高い場所からロープに結わえられ男四人掛かりでゆっくりと降ろされる熊手

かけ声と共に下ろされて行くそれを見上げる人々の表情からは

妬み嫉みではなく、素直な賞賛の笑みが見て取れた。

皆いい表情だ

どうだろう?不況の時代

キモチを埋める為にカタチを買いあさっていた頃よりも

よっぽど豊かではないか

私はそう思う。

2010年11月17日 (水)

お返事再開致します。

P9301753

永らくお返事出来ず申し訳有りませんでした!!!

歴代の頂いたコメントに全部お返事しておりますので、カチカチッとやってみて下さい。

「私のコメントに返事が無い!!」って所は直ぐにご一報下さい。

都内に限りチャリで直接お返事しに伺い、直ぐ帰ります。

ウソウソ

さてさて今年の後半戦はエアラン活動のみでしたが、久しぶりに心の洗濯がでけた気がします。

来年、再来年のオファーもちょこちょこ入って来ているので決まり次第、またご報告を致します。

再来年正月は特に!ウチの大きい舞台に出ますよ。(←乞うご期待。先日のプレゼン総会で内定はしておりますが公式発表までお待ち下さい。)

お楽しみに(◎´∀`)ノ


2010年11月16日 (火)

静物、生物

静物、生物
アルノー デプレシャンの新作映画が来ますな。

と言ってもフランス公開は二年前らしいですが

まだ六本木にWAVEがあった頃、「そして僕は恋をする」「アンナ オズ」等、デプレシャン特集に通った事を思い出した

良い映画館の閉館は寂しいものである。

劇場ばかりがポコポコ出来て映画館がバタバタとなくなる不思議な時代

不況を語る時、必ず冒頭に来る「最初に削られるのは文化、芸術等の娯楽である。」という枕

それでいて昨今の箱物の乱立とは、皮肉な話である。

数ばかりが多くなった劇場の年間スケジュールの空白が目立つのは残念な事だ。

鳥のいない鳥籠を見て虚しさを覚えない人はいない。

劇場は静物であってはならない。劇場はむしろ生物なのだ。

我々役者は何が出来るだろう

2010年11月15日 (月)

お引っ越し

E58699e79c9f

初公開?

これが俳優座衣装部だ!!

っと言っても、、、ごくごく一部ですが

全部はとてもとても!

衣裳部の引っ越しで一部を処分しても倉庫のプレハブを埋め尽くす程

今日はそのお手伝いに行って来ましたよ。

意外に知られていないかもしれませんが、俳優座の衣装部は演劇界でもちょっと有名な位、衣装保管数がスンゴイのです。

今では入手不可能な素材で作られた豪華な衣装の数々

これを研究生時代から着せて頂けたのは本当に良い経験でした。

自分が最初に袖を通した衣装にも「仲代」とネームが縫い付いていた時はちょっと緊張した記憶があります。

たまにはね

我が座の自慢もね

いっつも文句ばっかり書いていますから。(^-^;

2010年11月11日 (木)

レント

俳優座の元後輩、白川君が出演のミュージカル「レント」を観て来ましたよ。

すんごい、ミュージカルだった、、、、

大学時代、話題になり急いで音源だけを手に入れ必死で聞いていた、あのレント

今になってやっと観られるとは

CDではピンとこなかったナンバーも、実際に聞くと感動でした。

ハラショー!!!!

目の前が宝塚劇場ということもあり、レントのお客様と合わせると、通りには正に僕と同い年位の

女性、女性、女性!!!

すごい数でした。

そうですよね、正にこの世代の女性の客層は厚いかもしれませんね。

最も演劇に関心を持っておられる厚い層の一つだと思います。

しかし、少し不安にもなった

我々が新劇に取り込もうとしている、この世代の目をこちらに向けるには、どうすればいいのか?まだまだ考えなくてはならない問題が山積みだなあと

勿論、どの世代のお客様にも幅広く新劇に関わって頂きたい事は事実だが

物理的に、例えば平日のマチネを埋め尽くすには、この世代のエネルギーが無くてはならないものだと思うからだ。

観客席を埋め尽くす熱気、なりやまないスタンディングオベーション

昨今の他の舞台には見られない光景であった。

脱帽

2010年11月 9日 (火)

パープル汁

パープル汁
ご要望の多かったパープル汁

写真アップ致します。

皮が柔いのか、輪切りのはずが、すっかり紐状になって

まるでム◯デのようですね。

こういう汁物は2日目の方が美味いはずが

明らかに、2日目の方がキモい、、、

どうしよう、ムラサキ芋

後、2本ありまぷ。

2010年11月 8日 (月)

サツマイモの悲劇

「お兄ーちゃん、それはーむらさきイモようー。」

いつまでこの責め苦が続くのだろうと不安になりながら八百屋を後にした。

最近、サツマイモのみそ汁にハマっておりますです。

よく実家で食べていた味

自分が作るみそ汁がどうも不味くて、いつもレトルトですませていたのだけれど

サツマイモのみそ汁は正に家の味を再現出来た。

さて今日も作るかなと、、、思ったら、、、

紫色や。

そりゃそうだ、そう言われて送り出されたんだもの

二つイモが並んでいて安い方を選んだだけなのだが

普段から人の話をちゃんと聞いていないからこうなる。

紫色の切り口から白い澱粉がトロリと滴る様は

この世の食い物ではないようにみえる。

先ずはチン。うん、普通のイモだ。ちょっと甘いか?

でもこうなった以上は仕方ない。みそ汁に投入

すると、見るも恐ろしい、鮮やかなパープル汁が完成した。

ここまで食欲をゲンナリさせてくれる色彩は他にあるまい。

それにしても鮮やかな紫だ。

白いTシャツやなんかを一晩浸けておきたい位である。

そういえば、穴の空いた白い靴下があるのだが、、、ま、ヤメとこう

「マクベス」の序幕で魔女達が踊りながら一生懸命混ぜているのは、きっとこんな液体なんだろうなあ、と想像しながら

いただきます

うん、いけます。パープル汁。

見た目は学研の教材の実験結果のようではあるが、味はいけます。

お試しあれ。

2010年11月 5日 (金)

劇団総会

劇団総会
これから劇団総会です。

正式にはプレゼン総会。

役員だけでなく、広く劇団員からも作品レパートリーの候補を募ろうと

劇団の新たな試みがスタートしました。

今日はその第一回目

楽しみです。

うちは六本木アートトライアングルの中心にありながら

新しい世代の観客の足は遠いまま

皆、一丸となって面白い作品を作っていかなくては

さて、行って来ます。

2010年11月 4日 (木)

暖色

暖色
暖色溢れる季節

赤、黄、オレンジ、臙脂(えんじ。こう書くらしい。)

本来、暖色とは血圧やホルモンの作用を高め、身体を活性させる色らしいが

不思議と紅葉からは、「うらさみしい」やら「切ない」といった、むしろ鎮静の作用を感じるのは、不思議である。

因みに

「だんしょく」を変換してみると、トップに

「男色」がくる。

こちらの方がニーズが高いという事なのか?

そうだとしたら、、、

穏やかでないね。

2010年11月 3日 (水)

決して、、、ではない。

決して、、、ではない。
決して、、、ではありません。

正真正銘、松ぼっくりですよ。

フンでも

もとい

踏んでも大丈夫ずら。

2010年11月 2日 (火)

マーブルな悲劇(実話)

E58699e79c9f
マーブルな悪夢

マーブルチョコ。こいつは途中、大抵飽きる

子供の頃、ポイポイと口に運び過ぎて食べ飽きたマーブルチョコを

指でグイッと潰しながら食べていた。

すると写真みたく、中からチョコがはみ出る

何が面白いんだか、そうやって潰して食べていた時の話。

オカンに「たまには自分で掃除機かけなさい!」と促され

渋々掃除機をかけてたら、机の下に先程潰した、緑のマーブルチョコが落ちているではないか

「あら、こんな所に。」とポイッと口に放り込んだら、、、何と、、、

カメムシ

でした。

冬場だったので動いてはいなかったが

死して尚、やつらはいいニオイを放っておった

マーブルな悲劇

お口に広がる爽やかな

パクチー風味

これぞ悲劇

それにしても、よー似てた、、、

2010年11月 1日 (月)

なーんにも写ってないように見えますが、

この暗闇の中でハワイ氏が踊り狂っております。

さてさて、ライブ終了

二年前のライブより多くのお客様にご来場頂き

盛況の内に幕を閉じました

ドキドキだった新曲も大好評でしたよ!

良かった、、、

変な音もいっぱい出したし

変なショートソングも歌いましたが

まぁ、良しとしましょう。

台風の中、足を運んで下さったお客様

青山LOOPのスタッフの皆様

沢山の共演者の皆様

本当に!本当に!

有難うございました!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト