出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月25日 (土)

メリクリ

Photo
メリクリでした!

事後ご挨拶。

ゆっくりも出来たけど、なーんやかんやで仕事して終わってしまったクリスマス。

車内で移動中、酔っぱらったサラリーマンがこんな話をしていた

「お前は小学校の頃、真冬でも半ズボンだった?」

「いや、俺は長ズボンだったよ。」

「俺は小六までずっと半ズボンだったよ!悪いか!?」

悪くはないがもう少し静かにして欲しいものだ

僕は長ズボン派やったなあ

でも真冬に風邪をひいてしまい小児科に連れていかれる時

熱で朦朧としながらも必死で半袖半ズボンの体操着に着替えていたのを覚えている

「医者に弱みを見せてたまるか!」という意味不明の意地をはっていた気がする。

小学生にとっての半袖半パンの体操着はいわば戦闘服のようなものだ。

診察室で先生がその格好をみて開口一番「で?君は何をしにきたんだっけ?」

「勝った!」と思った瞬間だった

熱で朦朧としながらも、、、。

2010年12月21日 (火)

マテマテマテ!

夜中の雨

激しくなる一方だ。

明日もポスター貼りなのに、これでは先が思いやられる、、、。

朝仕事明けで街を街を歩いて、角を曲がりざまバッタリと警官に出くわした。

寝ぼけていたし、出会い頭だったので思わずギョッとしたらジロリとこちらを睨んでいた。

「ど、どうも、、、。」

「、、、、、。」

今回は何も無かったけどたまに職質されます。あ、職務質問ね。

確かにこの仕事だと昼間平気で私服でウロウロしていたりするので、怪しいからなんだか、暇つぶしになんだか

「ちょっといいかな?」と来るわけです。

一番泣きたくなったのはお給料が出て「たまには贅沢すっか!」と入った100円回転寿司でたらふく食べて幸せいっぱいで店を出た途端

「ちょっといいかな?」とね

マテマテマテ!どう見ても美味しい顔してただけやろが!

しかも四人の警官に囲まれの職務質問

はあー、なんとツイて無いことか、と言われ前に身分証明書を出そうとポケットに手を入れた途端

ザッ!と四人が身構えよった。

マテマテマテ!財布!財布!

あん時はね、、、ホンマ泣いたよ。


2010年12月20日 (月)

制作御手伝い

制作御手伝い

今日は制作の御手伝いに行って来ました。

久々のデスクワーク、、、

うーん、事務所の仕事ってホンマ大変やなあ、、、

芝居中は事務所の方々に結構ワガママ言ってしまうけど、これからはもっと気を使おう。

各演鑑さんの宛名を書いていたら「そう言えばカンパケ届いていましたよ。」と封筒を渡された。

メタルギア!!!忘れとったー!!

でも何より嬉しいのは端役である僕にまでちゃーんとお手紙を添えて下さっていた事。

ほんま、クールジャパン文化を牽引していらっしゃる方は違うなあと

見習わなくてはいけませんね。

その後は研究生以来の「街貼り」

所謂、ポスター貼りです。

懐かしいなあ。これ昔は研究生のノルマ仕事だったんですよ。

飛び込み営業みたいなもので、知らないビルに飛び込んでは「お芝居のポスター貼らせて下さい!」とお願いするのですが

大抵はにべも無く断られるのですが、、、

一度、池袋で怪しげなビルに飛び込みで入って行ったところ

エレベータの扉が空くと、ヤクザが50人位でマージャンをしている最中で、、、!

ホンマ怖っかったです。

別室に案内され、殺されるかと思ったら「暑いのに大変じゃのう!」と麦茶出してくれて、ポスターも快く廊下に貼らせててくれた。

でもあのポスター、、、誰が見てくれるのであろう?

やっぱヤッチャン?

2010年12月19日 (日)

チャルメラ

夜の都会にチャルメラの音色

この音を聞いて背筋がピンとする人はそういまい。

なにせ僕は無類のラーメン好きで、、、

ウソウソ、、、いや、ホントホント

それはどっちでもよい。今日の話はチャルメラ屋である。

昔、ラーメン屋の屋台がやってくると、うちのお母ちゃんがなかなかいう事を聞かない僕を抱いて

「悪い子はチャルメラ屋さんに連れて行ってもらうで!!」

と夜遅くに家の塀越しにラーメン屋を見せていた。

夜中見るラーメン屋台はそれはもう恐ろしく

赤い提灯に照らされたオッサンがグツグツ煮えたぎる釜を引きながらラッパを吹いているという

この光景にゾッとしたものだ。

オカンは恐らくナマハゲ的効果を狙っていたのであろう。

布団に入ってチャルメラが聞こえると、何処かの古いお寺の境内に悪い事をした子供が何人もさらわれ
震えながら肩を寄せ合っている光景を想像して恐怖した。

誰に言われた訳でもないのに、全く子供の想像力は豊である。

なので僕は小学校に上がるまでラーメン屋=人さらい、という良くない公式を持っていた覚えがある。

昼の顔はラーメン屋、夜は屋台を引いて悪い子がいないか方々探して回るという、とんでもないダブルワークをこなす人種がこの世の中にはいるのだと。

登下校中、ラーメン屋の前を足早に通り過ぎていた幼少期。

はははは、でもこれ使えるかもね

自分に子供が出来たらきっと同じ事をするかもね。

でも今なら言うね「是非連れてって下さい!!」

んで鱈腹ラーメン喰うのさ。

2010年12月18日 (土)

後退り

後退り
ロバのパン屋さん〜ならぬ

ロバの花屋さん

商店街の真ん中に突如現れたロバに皆、足を止めていた。

僕の前にいた人が、花を値切っていた最中だったらしく、ロバを連れたオジサンが

「その値段では、この子の餌代にもなりません、、、
。」と悲しい顔をしている横でロバは大アクビをこいていた

確かにコイツ食いそうやもんなぁ。

「この子の餌代の為に行脚しております。」

この時代錯誤な言葉はなかなかグッと来るものだ

「一輪おいくらですか?」と一番安そうなガーベラを指差し聞いてみた

「はい!五百円です。」

「ごひゃ!?」

高!

「ナルホド、、、はははー、それにしても可愛いロバちゃんですねぇ。あはははー。」

と後退り

こっちの餌代だって心配である。

2010年12月17日 (金)

言葉は箱である

発した時には大きな意味はなくとも

受け取った側にはギフトとなる。

リンゴを入れた筈なのに

後になって「何故、ナイフを入れて寄こしたのか?」と問いただされ

ギョッとする事だってある。

言葉は箱である

空っぽのつもりで渡しても

何が入っていたのか?と勘ぐられてしまう事だってある。

言葉は箱である

ならば、と飴玉いっぱい詰め込んだが

「空っぽでしたよ?」と

底が抜けてる事だってある。

だけど私は言葉を愛する

いつかほんの少しでも中身のある言葉が伝えられるように

今日もせっせと箱を作る。

2010年12月15日 (水)

義士祭り

各地で行われた義士祭り

何処かで聞いた忠臣蔵、ハリウッド映画化話はどうなったんだろか?

出演者の一人にキアヌ リーブスがいる等、、、誠しやかに囁かれているこの噂

うーん、、、どうせやるなら全員、羽織袴にチョンマゲの逆新劇バージョンみたいなのを見てみたいね。

皮肉では無く、新しい目で足元を見つめてみたいから。

ちょっと調べてみたら本当に実現するらしい!

キアヌはなんと!大石ですってよ。

出て来たのは「ハリウッド版忠臣蔵オーディション概要」の資料

日米混合キャストとな、、、

この発想が凄い!

自分の常識がちっぽけに見えてしまう、これがハリウッド的発想ですな、、、。

それにしても懐かしい

俳優座に入って初めての仕事が泉岳寺祭りの大石役でした。

僕のデッカい顔がJRのポスターに使われ、新宿駅にデカデカと貼られた。

自分の顔をこうやって見るのは何とも気恥ずかしいものだ。

しかしよく見ると鼻の穴が2つ黄金に輝いているではないか!

おお!これぞ洗礼の鼻画鋲!しかもダブル。

何故か「俺も偉くなったものだ。」と悦に入った私でした。


2010年12月14日 (火)

走れ!走れ!走れ!

走れ!走れ!走れ!
失礼おば致しました

サボり癖が出ましたね。

再会致します。

さて、大掃除せなせなと思いつつのこの有様

これはバイトを雇って本格的にやらんと年内に終わらん気がします。

十二月に入って知人の御不幸や結婚式があったりで

改めて自分を振り返る良いチャンスとなった

悲しんどる時間も喜んどる時間も

以前より早く過ぎるようになったし

来年はもっと一つ一つ大事に行こうと思うよ。

会いたい人と会えなくなった人の数が同じになる前に

走れ!走れ!走れ!

2010年12月 9日 (木)

大自然

大自然
写真を整理してたらこんなん出てきた

家族と行った第二の田舎、丹波篠山での写真。

中央に並ぶ葱坊主

まるで冗談の様な形

また行きたなぁ、丹波篠山。

しかしこの直後、謎の腹痛に襲われ

山に駆け込む事に、、、

えとね、街じゃないのでコンビニなぞないんです。

大自然

ってことで、、、

ある意味気分の良いものだ。

この辺りは猪が多く気が気でなかった覚えが、、、。

こんな時に襲われたら死んでも死切れん!(゚ー゚;

2010年12月 7日 (火)

縁の深い傘

縁の深い傘
うん

久々に寒い。やっと冬らしくなってくれて、ちょっと安心です。

今晩からは雨まで降るらしい

余談だが、私は滅多に傘をささない

豪雨ならば諦めるが、大抵のザーザー降り位なら傘をささない事にしている。

以前、大切にしていた傘を失くしてからは尚更、その傾向が強くなった。

普段は買った日の帰りに無くしてしまう傘なのに

その傘だけは一年以上、何故かなくならなかった

確か昔、縁のあった女性のお母様に「濡れると身体に毒ですよ。」と手渡された傘だったと思う。

お手洗いに引っ掛けたまま忘れてしまい、ついに無くなったか、と思っても

翌日、同じ場所にあったりで随分縁の深い傘に思えた

「こんな傘は珍しい。」その話を知人に話た処、「それは傘の方で無くならないのではなく、お前がしがみ付いて離さないからだよ。」と言われた。

成る程、、、。勿論、知人にはこの傘を手に入れた経緯を話してはいない。

その女性とはとっくに縁が切れていたが、お母様とはその後もお芝居を見に来て頂いたりで二、三度お話をする機会があったのだが

あはは、そういう事ね

偶然なのか、悪戯なのか、事情を知らない筈の人間の一言が心の奥を触る時があるものだ。

さしている筈なのに雨は傘を通り抜け、まるで濡れネズミになったかのような惨めな気持ちになる、その傘

次の日、

気がつくとその傘は無くなっていた

いや

ワザと置き忘れて来たのかもしれないね。

明日は雨、いや、こりゃー雪になるかも

おやすみなさい。

2010年12月 5日 (日)

今日は結婚式

冠婚葬祭立て続けですが

知人の結婚式にご招待頂きました。

人生初結婚式

何せ実兄の結婚式にすら出席出来なかったので

んまぁ!薄情な弟よ!

この商売だけはね、、、ほんと分からんのですよ。

さて本日の結婚式

事前に頂いた招待状を忘れてしまったのだが「まぁ、場所位分かるでしょう。」と

タカを括ったのが運の尽き

手掛かりは新郎と最後にやり取りしたメールの中から

「六本木ヒルズ内」「13時より」「アニスという名前の会場」この3ワード

下手に探し回らずすぐにインフォメーションへ

「アニス、、、?スター・アニスの事でございますか?」

「、、、はい。恐らくそこだと思います。」

ここで案内されたのが何とヒルズビル51階

「こちらが披露宴の関係者お控え室でございます。」

絶景である。東京中が一望出来る、、、すげっーーーー!しかも一番乗り!

「お待ちの間にお召し上がり下さい」と書かれたビュッフェをつまんでいたら

「お客様、スター・アニスではなくアニスでしょうか?でしたらお隣のハイアットホテルかと、、、。」

時計を見ると、とっくに13時を回っている

「ご馳走様でした!」と皿を投げ出しダッシュ。

何とか間に合ったが式はとっくに終盤、、、

披露宴では本日、二度目のお食事、、、ゲップ、、、

断じて言う

ワシは始めから「アニス」と言うてたぞー!!

でもちょっと得したか?

素晴らしき結婚式、披露宴でした。

おめでと!幸せになって下さい!

2010年12月 3日 (金)

美しの国

知人宅で御不幸が有り喪服で歩いていたら

二人連れでお話しながら歩いて来られた見知らぬ中年層のオバ様が軽く会釈をして下さった。

気のせいかと思いつつも答礼し歩いていたら

再び見知らぬ方が会釈

気のせいではない

ご年配の、やはりオバ様がペコリ

すれ違い際に、僅かではあるが会釈

そうか

ならばと、次はこちらから見知らぬオバ様に僅かに会釈

小さい「?」後、やはり答礼

うむ

ここは美しの国

「ノーと言えない」「弱腰」

色々と言われる我々だが

人の気持ち汲み黙礼出来る姿勢はとても美しい

民族という括りは好きではない。国柄、信仰ではなくもっと身近な躾の話なのかもしれない。

此出来る人、全てが美しい。

いやいや、これからご葬儀である。こんなフワフワした事を考えている場合ではない。

ふと、

急にオトン、オカンが心配になり電話してみたら

オトン「チェロ始めました。」やと

血は争えない。オカンのヴァイオリンとオトンのチェロの共演を聞くのが楽しみになった。

美しの平和な国

2010年12月 2日 (木)

ここに来てやっと

Pb291883

ここに来てやっと出演情報、更新出来ました。(;д;)

干され期間、長かった、、、憔悴。

お待たせ致しました、2011年エアラン、原子、ラボ、、、

そしてまだ公式発表は出来ませんが2012年正月

ね?来ない時は徹底的に来ないし、来る時はまとめて来る

これが芝居の仕事です(゚ー゚;

トホホ、、、。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト