出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

セカイイチ

セカイイチ
お勧めバンドです。

随分前になりますがタワレコのインストアで見てグッときました

最近だと家電のコジマのCMで流れていますね

「Kids are alright」「Step on」ヨカです。優しい歌。

あー、ホンマ、音楽の趣味バラバラやなぁ

最近も虎視眈々とメタル回帰のチャンスを狙っておりますが

「えー年して。」と言われそうで怖いので誰にも言えてません

あ、言うてもた

2011年3月29日 (火)

「アシタマスター。」

安定食屋

カタコトの日本語が聞こえる

名札から、店員さんのお名前は「ウォンさん。」

カウンター越しに、丼をかっ食らっている大学生らしき男の子に声を掛ける

「オヒサブリネ。ゲンキシテタ?サイトサン、ホンジョーサン、ミナゲンキヨ。」

かつて同じバイト仲間だったのか、男はこの母親のような女性のお節介が少し恥ずかしいらしく小さく応える

「はい、、、。」

「ソカ。デ?イツ、カエッチャイマスカ?」

「31日です。」

「31、、、ソカ。デハモウアエマセネ、、、。」

「はい、、、。」

「ソカ、、、。ザンネダケドネ、アチイテモネ、カラダニキツケテネ、ドカゲンキデネ。」

男は顔を上げ会釈はしたものの、ついぞ箸を止める事はなかった。

さして気に留める内容ではないかもしれないが

何故だろう、ウォンさんの日本語はとても美しい響きとなって心に残った

「御馳走様でした。」

席を立った私の背中に

「アシタマスター。」

とその母親のような女性の元気な声が掛かる

「有り難うございました。」と「明日また。」の間の子のような

それがまた我々が話すそれよりもなんだかいいのである。

2011年3月28日 (月)

いいなぁ

いいなぁ
一足早い桜をお届け

駅前の広場に生けられていました。

道ゆく人皆、足を止める

この花はズルい

見ているだけで「何か良い事があるかも。」と思わせてしまう何かがある

ただ咲いているだけなのに。

たまに同じ事を思わせる人間もいる

一緒にいるだけで「何か良い事があるかも。」と思わせてしまう人

妬み嫉みではなく単純に

いいなぁ、と思う

2011年3月26日 (土)

木蓮

木蓮
我が誕生花らしい

誕生花は調べる文献、手段によって結果は様々であったが

深く印象に残ったのが、この木蓮

一般的な花は蕾からゆっくりと四分咲き、八分咲きと

満開を目指しゆっくりと花開き、八分咲きから満開にかけては、更にその歩みを遅くする傾向があると思う

満開の桜を十日近く楽しめるのは、その足踏みのおかげなのかもしれない

しかし、この木蓮という花は蕾から満開までを一気に駆け抜ける

そして満開の直後、アッと言う間に花弁をダラリと垂らし、ちょうど女性が着物をはだけたような隠微な形となる

物は言い様だが、、、これがお世辞にも美しいとは言えない歪な形なのだ

一番美しい頃合いを無情にも駆け抜けてしまうこの花を嫌う人もいるが

これが我が誕生花

「おっ、もうすぐ満開やなぁ。」から二日置いてしまうと、もうベロリンチョと項垂れ祭りである

しかも花弁が分厚く水水しいせいか、蕾の段階で鳥に突かれ、原型をとどめない位無惨に咲くものも多い

落ちた花弁を拾って確かめてみると、確かに酢漬けなぞにするとちょっと美味そうにも見える

脱線した。そろそろ話を終わらせよう

花言葉は「自然愛」「持続性」

クシャミと鼻水の元凶め!と自然を憎み、習い事もロクに長続きしない私にはピッタリではないか

我が誕生花

今年も一番美しい頃合いを見逃したようである

2011年3月25日 (金)

楽しみにしていた

六本木アートナイトが中止、、、

今年こそはと意気込んでいただけに残念、、、

しかし仕方がない。一人一人の小さな我慢が復興への近道となろう

街が暗い。その事に少し慣れて来たか、静かすぎる街も活気を取り戻しつつある

むしろ薄暗い街角で男女がイチャイチャと盛り上がっている

なーにやっとるんだか。

最近の話題の多くが「水、買っておきました?」といった内容が多い

顔には出さなくてもピリピリとしたムードは否めない

しかしね、、、無い物は無い

買い占めようにも物が無い

しかし人間は非常時においてこそ、底力のような物が湧いてくる

いつもの二倍、人を励まし、いつもの二倍、強がりを言う自分に気付く

今日、無事に在る事を先ずは感謝

2011年3月21日 (月)

やっぱ曇天

やっぱ曇天
大の雲り好き

木蓮と雲

2011年3月20日 (日)

いまだ

いまだ
食料品、買占められてますな。

目に見えない恐怖に怯えながらも

以前よりも人と人の絆が深くなっている気がします。

すっかり電気の消えてしまった街中で

僅かな光の中で身を寄せ合い談笑している人達をよく見掛ける

今日、笑い合える事を先ずは大切にする

明日、もっと笑う為に

2011年3月16日 (水)

当たり前だが

当たり前だが
なーんにも出来ん

俳優座公演、「制服」も中止

みんな悔しかろぅなぁ、、、

初日前日に手伝いに行って、これは絶対オモロイ!と確信していただけに

ショック

いつまで続く、この不安

兄貴から電話、久々に家族の声

「危ないなら帰って来い」
との事、ありがとうね。

でもなかなかそうはいかんのよ

確かに無茶苦茶にはなってしまったけど

生活は淡々と続く

みんな、頑張れ!

2011年3月15日 (火)

捨て猫、、、?

捨て猫
誰か拾ってやって下さい。(゚ー゚)

東京、余震が続きます。

食料買いあさりの為かスーパー、コンビニに食料が無い、、、

混乱はいつまで続くのやら、、、

しかし被災地の方々の事を考えれば多少の不便は我慢です。

東日本の読者様、まだまだお気を付けになって下さいね。

2011年3月12日 (土)

御無事ですか?

御無事ですか?
慌てて外に飛び出した!

皆さんは大丈夫でしたか?

東京はいまだサイレン鳴りっぱなし

口にするとホントになりそうで、思わず口篭る不安

人生二度目の大震災

お一人お一人の無事をお祈りします

2011年3月11日 (金)

無事です。

劇団にいました。

事務所にて「妻の家族」の折り込み作業中でした。

無事帰宅、家も大丈夫です。

兎に角、まずは報告まで。

2011年3月 7日 (月)

後…年もすれば

後…年もすれば
花粉ズビズビ

写真だけで鼻がムズッとされる方もおられるのでは?

後輩がマスク姿で横で苦しんどる

可哀想に

「ミオさんも確か酷い花粉症でしょ?」

ナメるなよ。こちとら小学生から流行を先取っていた強者ぞ

最近は家を出た瞬間、ムズッとするだけで

マスクやポケットティッシュの世話になるまでには至らない

抗体が出来たのかしら?でもほんまそんな事ってあるのかな?

皆様、大丈夫です

今はズビズビでも、後30年もすれば平気になりますよ

私が証明です。

2011年3月 6日 (日)

ポール犬

ポール犬
ご主人様を待つ内

暇を持て余したようです。

2011年3月 5日 (土)

普段な悩み

普段な悩み
もう側にある春

うらら、うららとだれかの鼻唄

電話。仕事のオファー

「4月末本番の明後日から稽古」藪から棒な依頼

ちょっと厳しいかな、、、

既にワークショップの申し込みをして先方からは「男性が少なくて困っていた。」と喜びのお返事を頂いたばかり

副業も然り、同じバイト先の俳優座の後輩2人が3月本番中故に2日に1回は深夜営業

まんの悪さよ

何より明後日から稽古とは

そりゃ、身動きとれなくて悲鳴をあげる位、芝居はしたいのだが

こりゃ、ちょっと無茶やなぁ

オファーを断るのってホンマ気が重い

何故か敵前逃亡的な罪悪感があるね

でもね、、、無理なもんは無理、、、

役者だって所詮は

普通な人々

2011年3月 4日 (金)

しもやけナウ

しもやけナウ
昔っから耳たぶだけがしもやけになるのです

2011年3月 2日 (水)

対決カード

オスカーで大接戦を繰り広げた二作品を続けて鑑賞

「英国王のスピーチ」「ソーシャル・ネットワーク」

英国王、これはほんまに観る前からワクワクしてました!

個性派俳優の代表のような二大俳優の対決?カード

ジェフリー・ラッシュ(←メッサ好き!)VS コリン・ファース

普通、前者後者逆に記した方が良いのでしょうが、いまだ「シャイン」の感動を引きずっておる私なりのえこひいきざんす。

名演の二重奏、、、やはりこの二人の掛け合いは素晴らしかった

シネコン=シネスコサイズの画面サイズに食傷気味だった自分には久しぶりのビスタサイズは本当に心地良かった。

表情を見るにはヨーロピアン・ビスタ位で丁度いい気がする、、、

では作品賞か、、、?と、い、わ、れ、る、と、、、?

「ソーシャル〜」も然りか、ラストは個人的にグッと来ましたが、、、

まだ何とも言えません、まだ上映されてない対抗馬を観てみないと

取り敢えず帰りに「トゥルー・グリッド」の前売りを購入

なんかオマケにエコバックが付いてきたが、、、今、家にエコバック幾つあるだろう、、、?最近は付録やオマケに多いので5〜6枚はあると思う

既にエコではない数である。

後、個人的に楽しみなのは「イルージョニスト」長編アニメながら原作はあのジャック・タチ

昔、親父が私に見せようと「僕の伯父さん」を録画してくれていたのを思い出す

当時、三大喜劇王にハマッていた小学生の私にはジャック・タチは非常にノンビリした退屈な映画に思えたが

今はその良さが分かる

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト