出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

アリス・イン・ワンダーランド2!



いよいよ明日から公開の「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」劇場日本語吹き替え版に声優出演しております。

赤の女王(朴璐美さん)と白の女王(深田恭子さん)の父、オレロン王を演じています。

普段は字幕版をご覧の皆様も、ご鑑賞の際は是非是非、日本語吹き替え版をどうぞ。

宜しくお願い致します!(^-^)

2016年6月28日 (火)

寄り添い話してくれる人



寄り添い話してくれる人がいる。

皆様いただくコメントの中には非公開でのコメントを下さる方々もおられます。

とてもあたたかいメッセージ、

寄り添いそっと背中を押して下さっているような、

大切な言葉ばかり。

本当に有難うございます。

明日を頑張る力。

感謝感謝です。


今日はお知らせをひとつ、ブログをココログからアメブロに引っ越します。

数日後に変わると思います。

今までと同じ感謝を込めて、

頑張ります!

有難うございます!!!

2016年6月27日 (月)

あほうほう論



ずっと保留になっていた案件がやっとまとまりました。

スケジュール調整に奔走して下さった劇団スタッフに感謝感謝です。

担当マネージャーから密かに連絡が、

「佐藤徹也さんと飲みますよ。」

佐藤さんは「妻の家族」「七人の墓友」でお世話になった恩人。

市ヶ谷まで自転車を走らせ行って参りました。

これからの俳優座について語らいながら、佐藤さんの俳優座愛に涙が溢れそうになった。そして、

自分は何を迷っていたんだろう。考えてどうにかなる器ではない、ようは昔から昔っから、子供の頃からやって来た事、

ヘタクソと言われようが、最初に浮かんだ絵に従って演技をすればいいんだ、と思った。

正直、難しい話は分からない。緻密に作ろうなんておこがましい。何故、後から説明出来るように演技を組み立てようとするのか?

自分の演技は◯◯という方法論に基づいて作っています。そう言えない事を恥じる事を止めよう。

自分にある唯一の方法論、

「直感に従え。」

いや、方法論なんてたいそうなものやない「あほうほう論」なんてどうやろう?(^-^)









2016年6月26日 (日)

もー!ヘタクソ!



久々の乗馬。

僕が通う乗馬クラブは成田空港の側。

着陸態勢の飛行機がかなり近くに見えます。

連日の雨で馬場はグチャグチャ。。

並足、駆け足は自信あり!

やはり一番の難問は軽速歩。

馬の反動に合わせて立ったり座ったりする、あれです。

タイミングが合わないとお馬さんが露骨に機嫌悪くなります。

もー!ヘタクソ!ってね。

ごめんよぉ。。。(*_*)

2016年6月25日 (土)

悔しさを持ち続けられる事

少しづつ今年〜来年の仕事が埋まりつつある。

有難い、でも、いちいち一喜一憂している場合ではない。
その仕事に見合う自分を作り上げる事が出来るのか。
今までもたまたま大きな仕事が舞い込む度に、これで人生が変わる、そこから芋づる式にどんどん仕事が舞い込んでくるものだと、期待に胸を膨らませてばかりいた。
でも、そう何事もそう簡単に変わるものではないと、今は知っている、
喜ぶべきは、仕事の数や、お金ではない事を。
思い出せ、仕事も無く若さだけが取り柄だったあの頃、
何よりも欲しかったもの、自分に誇れるものは何か?
それは自身の成長だった筈ではないか。
「あの人に出来て、なぜ自分に出来ないのか?」
悔しさは常にその一点だった。
「うまくなりたい。」
この悔しさを持ち続けられる事が、
私の唯一の才能かもしれない。

2016年6月23日 (木)

メチャクチャな生活



六本木23:30

こんな時間の六本木は久方ぶり。。。

昔はこの時間から9:00までバイトしてたなぁ。

ホテルの駐車場。

朝まで働いて、公園で寝て13:00のソワレの舞台に立つ。

メチャクチャな生活。

今はもう絶対でけへんなぁ。

2016年6月22日 (水)

新たな教科書



明日の槍術の稽古に向け、あらためて「隠し砦の三悪人」を見直した。

三船さんの槍術、

舞台等でみる整理された立ち回りとは違う生々しい立ち回りに驚く。

「魅せる」立ち回りというよりも汗臭い、男と男の意地のぶつかり合いと言った感。

槍はあくまでツールとして見えた、メインは正に目と目。

新たな教科書。

2016年6月20日 (月)

考察



先日、劇団内でマネージャーを中心に個々のマネージメントの展開を考察しました。

役者一人一人が舞台演技だけではなく少なくとも映像演技、アテレコの技術を磨いて欲しい、プラスアルファ、歌、ダンス等、出来れば尚良し、

当たり前の事やけど、日々の少しずつの積み重ねでしか実現出来えない事。

運任せではなく、実力で仕事を取っていかないと劇団も個人も立ち行かない。

耳が痛いような、心引き締まる話し合いでした。

我々のような舞台屋はマスコミとの縁がなかなかありません。

僅かなチャンスを確実に次に繋がなければならない。ゼロからのオファーは先ずありえないのです。

2016年下半期、

どう生きる?

2016年6月17日 (金)

FB復活

ブログに連動している筈のFB

何故か記事が転送されなくなり放置してましたが。。。

頑張って更新しようと思います。

友達申請、バンバン待ってますよ〜。(^-^)

全てウェルカムです。

2016年6月16日 (木)

中村育二さん。

現在、ナレーションを務めさせて頂いておりますSUNTORY 伊右衛門 「特茶」

通常の伊右衛門のナレーションは中村育二さんでしたね。

最も尊敬する俳優さんの一人です。

「日本のいちばん長い日」でも御一緒させて頂きました。

中村さん主催のカンパニー「カクスコ」

高校時代から本当に大好きで天王寺の近鉄アート館に通いました。

ストレートプレイに突然差し込まれるアカペラ

当時から歌も芝居も好きだった僕には衝撃的でした。

「こういう芝居がやりたい。」

その後、大学ではミュージカルを専攻した僕でしたが、その思いは常に強烈につきまといました。

歌、踊りを諦めて芝居を生業とした今も尚、育二さんの境地はまだまだ遠いです。

2016年6月15日 (水)

殺陣day!



本日は殺陣勉強日

昼間は槍術の個人レッスン

夜は刀の殺陣を勉強致しました。。。

40代には2レッスンは堪えます。。。

家〜千歳烏山〜家〜目黒〜家

をチャリで走破しました。

これで痩せなきゃ嘘よね。(*_*)

2016年6月13日 (月)

感謝の閉幕





「この命誰のもの」終了致しました。

会場に足を運んで下さった皆様、本当に有難うございました!

そして浅利先生、スタッフ並びに共演者の皆様も本当に有難うございました!

やはり舞台は楽しい。久しぶりに立った板の上、心からそう思いました。

今後の役者としてどう展開して行くのか、考える良いキッカケにもなりました。

年内の舞台は9月と12月、それまではマスコミのお仕事が中心となります。

2016年後半戦も応援宜しくお願い致します。(^-^)

2016年6月 9日 (木)

親子ガンダム



先日の休演日に芝居を観に来てくれた両親とお台場へ。(^-^)

等身大ガンダムの前でポーズです。

父母が元気でいてくれるから頑張れる。

まだまだ、まだまだ、

長生きしてもらわんと困りまっせ。

何一つ恩返し出来てないんやからね。

後、二公演、

頑張るでー。

2016年6月 8日 (水)

中日!



「ちゅうにち」ではなく「なかび」

公演の折り返しです。

新劇では初日、中日、千秋楽と各楽屋にご挨拶に伺う文化があります。

「初日おめでとうございます。」といった具合にです。

新劇や商業演劇、歌舞伎もそうだと思います。

節目節目のご挨拶に周っていると気持ちが引き締まる気がします。

「この命誰のもの」

これ程に日々進化する舞台もなかなか無いと思います。

ピリッとした緊張感、無音という音楽が一層台詞を引き立てる。

壁の無い空間に見える、人間関係の溝。

洗練された演出を是非ともご堪能下さい。

11日まで!

宜しくお願い致します。(^-^)

宣伝ばかりでゴメンなさいね。(*_*)

でもでも、それ程にオススメです!

2016年6月 5日 (日)

幕開きましたぜ!



「この命誰のもの」幕開きました!(^-^)

2日目を終えて明日は初のソワレです。

そう言えば稽古も朝〜夕方パターンばかりだったので、ソワレの身体での芝居は初めてになります。。。

どうなりますやら!楽しみです。

ウチの劇団員がよく言うのは「マチネは年配者が強くて、ソワレは若手が強い。」という噂。

若手でも年配者でもない僕は。。。

ホンマにどうなるねん!(*_*)

神頼みに増上寺にお参りしてから劇場入りします。

ご好評頂いております作品ですので、明日、お仕事帰りに是非とも宜しくお願い致します!!!

当日券もご用意ございます!

是非!

2016年6月 3日 (金)

オーシャンビューでR



自由劇場から真っ直ぐ10分程でしょうか、大島行きのフェリー乗り場があります。

この眺めは以前住んでいた芦屋浜の光景に良く似ている。

しばし瞑想。

今日はゲネプロ、最終通し稽古でした。

いよいよ明日は初日。

気持ちを引き締めて頑張ります。

また暫く舞台から離れると思いますので、「この命誰のもの」是非とも皆様、劇場まで宜しくお願い致します。

初夏の風景が溢れる浜松町、

ご観劇の後の散策も楽しんで頂けると思います。(^-^)

終演後はお知らせ頂ければロビーまでお見送りに参ります。

お気軽にお声をお掛け下さい。

2016年6月 2日 (木)

自由劇場



小屋入り2日目。

羨ましい程に素敵な劇場。。。

ええなぁ、自由劇場。。。

夢の様な空間です。

いよいよ4日初日!

皆様、ご予定は如何でしょう?

素晴らしい舞台になる予感です。

是非とも浜松町は劇団四季、自由劇場に足をお運び下さいませ。

11日まで!(^-^)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト