出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

脈絡のない景色

アフレコの収録にて恵比寿

休憩の合間に福岡に住む知人と電話で話した
数年ぶりの電話
会わなかった期間が長すぎて
嬉しいて嬉しいてやのにたどたどしい会話がもどかしい
「そうやね。」「せやな。」
互いに色々あったからこそ、多くを語らなくとも何となく分かる
沈黙
空を見ると
夕立後の空に水色の風船が一つ
お祭りは昨日までやったのに
すると赤、黄、橙、、、
様々な風船が空へ空へ上がっていく
「風船が飛んどるわ。」
とは言わない
あまりに脈絡のない景色が実にいい。

2016年7月30日 (土)

特茶 カフェインゼロ

Tokutyac06008月2日!いよいよ新しい特茶が発売されます!

その名も「特茶・カフェインゼロ」
カフェインが気になる女性の方にもピッタリです。
今回の新商品もナレーション担当する事になりました。
現在ON AIR中です。
是非是非、お試し下さい!!
当然、、、まだ僕も飲んだ事ありません。。。
どんな味がするんやろか。。。?
楽しみです!ヽ(´▽`)/

2016年7月29日 (金)

2017年大河ドラマ「女城主 直虎」



この度、2017年NHK大河ドラマ「女城主 直虎」にレギュラー出演する事になりました。

柴咲コウさん演じる直虎を支える奥山朝忠こと奥山六左衛門を演じます。

至らぬ者ではございますが、全身全霊を捧げ挑みます。どうか温かく見守って下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

2016年7月28日 (木)

道は、遠いです。。

映画の殺陣、所作稽古、東宝スタジオにて。

前回は刀→槍→鉄砲→弓でしたが、今回は

刀→槍→甲冑

甲冑!

そうです実際に甲冑を身に付けの所作、殺陣。

重いし動けん。

これ、一対一なら確実に褌一丁に刀、槍の輩が勝つと思います。

しかし刃、矢の飛び交う合戦場ではそうはいかない。

ぶっ通しの稽古の後は集団演武。

先陣役を任されたのですが、クルクルと華麗に槍を回しながら登場するも、甲冑で固まった槍捌きでは上手くいかず、柄の部分で後頭部を二度程、強打。

兜があって良かった。(*_*)

意識が朦朧としながらの前口上。

いつもは強面の殺陣の先生もうつ向き必死に笑いを堪えられておりました。

道は、遠いです。。。







2016年7月27日 (水)

全員合格(^-^)

研究生2、3年生、中間発表会を観に赤坂区民センターへ。

頑張っておりましたよ。

柔らかい印象の演出をなさる森一さん、好きです。

大作であり残酷な運命を辿るリア王をどう料理しているかも注目のポイントでした。

研究生も二年を過ぎると個々のレベルにバラつきが出て来ます。

即戦力になりうる者、まだ悩みの中にいる者、

前者が良い、という事ではなく、ごちゃ混ぜなのが面白いのです。

足掻けば足掻く程、ドラマは盛り上がる。

普段の舞台は少し余力を残した位の演技が丁度いいのでしょうが、

発表会に望むのはそんなものじゃない、全力です。

特に若い内の技巧は異化を生みやすい。

妙に演歌の上手い子供みたいなね。

己のうまさを知りつつも爪を隠せるか。

オッサン劇団員はそこまで観てますよー。

全員合格(^-^)

修了もがんばれー!!



2016年7月26日 (火)

トランボ



CMナレーション録音の為、銀座のスタジオへ。

スタジオの前にはいつも何故か人力車が!

これぞホンマのマイカー出勤やね。

究極のエコカー。

録音終了後、台本のピックアップまでに少し時間があったので観てきましたよ!



「トランボ ハリウッドで最も嫌われた男」

心に残る良作。

やはり良い映画には良い台詞が沢山あります。

テーマ性としては名作「クレイドル・ウィル・ロック」を彷彿とさせます。

世界情勢に対し、あくまで己の作品で戦う作家と、それを支える家族の姿。

良い涙を、有難うございました。








2016年7月25日 (月)

現実的な道具



爆蘭が花を咲かせておりました。

昼過ぎから数時間だけ咲く花。

自転車をこいで代官山まで、

ダルトンの老眼鏡を買いに。

実際、老眼鏡はまだ必要ではないのですが、

レトロフレームの形状に惚れて壊れては買いして、三代目位になるかな。

いつもレンズを抜いて伊達メガネに。

不思議なツール。

これ程、現実的な道具がちょっとした変身願望を満たしてくれる。

これを通して見る世界は、丸く少し優しい気がする。

2016年7月24日 (日)

キャラって

腰痛対策に筋トレ始めたら、ちょっとお腹がへこんだ。(^-^)

が、行く現場現場で絶不評。。。(*_*)

「何で痩せちゃったんですか!?」

「そんな美央君は嫌いだ!」

「痩せると魅力半減するよね。」

などなど。。。

痩せた訳じゃ無くてしめてるんやけどなぁ。。。

どうやらポッチャリキャラの方が愛されるみたいです。

意外に映像ではポッチャリが重宝される模様。

きっと周りの役者が皆さん細身やからやね。

しかし以前、声担当のマネージャーからは、

声が太った人の声になってます。痩せて下さい。とお達しがあり、冗談半分で誓約書まで書いたりとね。

まず第一に健康である事は大事。

不摂生で身体壊しては何の意味もない。

現に毎年夏頃やって来るギックリ腰が今年はまだ来てないし。

しかし正直、キャラって難しいなぁ。。。

2016年7月23日 (土)

己を知りたくば



準備は大事。

仕事の八割はこの時点で勝負が決まる気がします。

ナレーションの現場前に、関連していると思われるCMを全てチェックして自分なりに絵にアテててみる。

これだけでディレクターとの意思疏通が格段に取りやすくなる。

自分の中にある表現は、自分自身で引き出せるものではない。

他に触れ、刺激を受け、頭打って響くもの。

音叉みたいなもの。

叩かれるか共鳴して初めて響く。

己を知りたくば他から学べ。

じっとしていたって何も始まらない。

2016年7月22日 (金)

「ベイブレード・バースト」

A7afe3dbc6d5f403e2cc6b8f704704021_2 お知らせ遅れてしまいましたが、先日の月曜日放送の「ベイブレード・バースト」第16回「驚愕!灼炎寺スペシャル!」にゲスト出演しておりました。

僕の計算では8月出演のつもりだったのですが、間違えてました。。。見逃してもた!!残念。。。
でも幸いなことに公式コロコロチャンネルにて配信されておりますので是非ともご覧になってみて下さい。
僕は小山力也さんが演じるシャカのお爺ちゃん役です。
ワンシーンの出番ですが、お楽しみくださいませ。
実はガヤでもうワンシーン出ておりまして、、、(゚ー゚)
ずっとブログを読んでくださっている方ならお分かりになるかもです。。。!
さてどのシーンの誰でしょう?
分かったら凄い!!ヽ(´▽`)/

2016年7月20日 (水)

新しい友達



新しい友達、諏訪さんです。

諏訪さんは道場の先輩です。

殺陣道場の帰り道、方向が一緒で話し込んでる内に、二人とも下戸であると発覚。

飲みに行きますか?

酒の場は好きでも、下戸の自分にはなかなか切り出し難い言葉。

でも両方下戸なら、

じゃあ、公園でコーヒーでも飲みますか?

てな訳で、

久々に友人と熱く語らいました。

生い立ちや芝居の事、将来の事、

駅近くの公園で。

なんか20代の頃の気持ちに立ち返ったような爽やかな時間でした。

2時間位話し込んでたかな?

話が終わるのを待ってくれていたかのように雨。

元気頂きました。

さぁ、頑張っぺな!

明日はCMナレーション録りです。(^-^)

2016年7月19日 (火)

熱い仲間



日活撮影所にて9月クランクインの映画の本読みがありました。

本役以外にも代読もあったりと、プレッシャーもかなりありました。

何せ周りは大物俳優さんばかり。。。(*_*)

そんな中で心の支えとなったのが、我が俳優座チームと、ワークショップで一緒だった仲間達。

写真は松島圭二郎君。

この映画のワークショップで共に勉強した仲間です。

「絶対、役貰おうな!」

あの日の別れ際の約束を果たせて良かった。

熱い仲間と暑い稽古。

いよいよ超大作が動き始めました!

2016年7月18日 (月)

分からん事もある

衣装合わせの為、東宝スタジオへ。

フル装備の甲冑、初めて着ました。

さぞかし時間のかかる事だろうと思いきや、

衣装さん5〜6人掛かりであれよあれよという間に装着。

想像以上に重い、動き難い。

甲冑の下にも分厚い装束、待てよ?これ、何処を刀で斬りつけるんやろ?

鉄をも切り裂く日本刀ではあるが、返り血を浴び、鈍らになった刀では、簡単に斬り裂けるものではなさそうだ。

恐らく、時代劇の可憐に相手をスパスパ切り進む演出は嘘。

取っ組み合って、羽交締めにし、倒して、隙間に刃を突き入れる。

想像を絶する泥試合。

着てみないと分からん事もある。

2016年7月17日 (日)

困ってるオーラ



2日またぎのアフレコ収録終わりました。

皆様、プロ中のプロばかりの方々の現場だったので最初は緊張しましたが。。。

子供の頃から慣れ親しんだ声を聞きながらの録音は、途中から不思議な安心感に変わりました。

少しずつ現場慣れはしてきましたが、4本のマイクに入れ替わり立ち替わり入る混戦のシーンは苦労しました。

芝居に集中してて、どのマイクに入ったか忘れてしまったり(*_*)

学ぶ事ばかりです。

困ってるオーラが出まくっていたせいか、帰り際に自分より10歳も若い共演者が、

混戦の場合、テストの段階から敢えてマイクに入らず、本線、別線の振り分けが決まってから共演者と相談して入るマイクを決めるといいですよ、と優しく教えてくれた。

遊戯王で何度か共演している彼。

有難い。。。

こういう事は教わらんと分かるもんやない。(*_*)

いつか僕も困ってるオーラを発してる人がいたら、優しく教えよう。

2016年7月16日 (土)

歌録

2日またぎのアフレコ収録。

本日は歌パートのみの録音でした。

皆、スラスラと楽譜が読める方ばかりでかなり焦りましたが、、、

何とか無事収録。

共演者の方が、もしかしたら声にエフェクト掛かるかもね、だとしたら明瞭に喋る方がいいよね、とお話しされてた。

な、な、なんと!?

そうだとしたらヤバイなぁ。。。

ダミ声の演技プランが崩れ去るかも。。

積み重ねた練習が無駄にならんか心配になってきた。

まっ、しかし、今更変えようもない。

そうなるかも、と覚悟はしておいて、演技自体は練習通りで行ってみよう。

芝居の構造さえしっかり把握しておけば調整は可能。

それにしても、

尊敬する先輩が、やる事さえやっとけば緊張なんてしないよ、とよく仰っているけれど、

幾ら練習しても不安は不安。。

先輩のゆうてはる、やる事やっとけば、ってどんなレベルやねん!?

まだまだ足もとにも及ばんです。(*_*)

2016年7月15日 (金)

盛り沢山



9月クランクインの映画の殺陣稽古。

初めて日活スタジオに行きました。

軍隊式団体行動、刀、槍、弓、火縄銃と盛り沢山な内容。。

殆ど休憩無しのぶっ通しの5時間。。。

写真は着替えたばっかりの笑顔、この後、笑顔は消えます。

しごかれたー(*_*)

2016年7月14日 (木)

新しい宣材写真



新しい宣材写真です。

既にご覧になられた方も多いと思いますが。

劇団から、そろそろ変えて下さい、とツッコミが入ると撮ってもらう様にしています。

知人の写真展を見に銀座のフォトギャラリーに行った際、

写真術講座やらのチラシが置かれた中に

「写真の撮られ方講座」というのがあった。

これはかなり興味あるなぁ。

上手に撮って貰えるコツがあるなら是非知りたい。

どうも写真に撮られ慣れないというか、カメラを向けられるといつもガチガチに緊張するんですよね。

緊張し過ぎて鼻の巣が思いっきり広がってたり、

口だけ笑って目は死後の世界を見てるかのように固まっていたり。

この役者は一体何をアピールしたいのだろう?と、

審査員を困惑させるような四次元的な表情の写真が多い中、

これは比較的ベターですかね。

写真家さんに感謝です。

まだまだ固い表情な気もしますが。(^-^)





2016年7月13日 (水)

正念場は突如

正念場は突如やって来る。

明々後日にアフレコ収録のお仕事を頂いた。

先ずは落ち着け。。。

明日はフリー、しかし明後日は映画の所作指導、

台本に目を通す。出番多し。

1日半で本番。

どうしたもんか。。こんなんホンマにでけるんか。。。

いや待て、

こんなスケジュールを、先輩、小山力也さんや内田夕夜さんは毎日こなしてはる筈や。。。

負けてられるか!!

これ乗り越えてこそプロやろ!!

やってやるぞーーー!こらーーー!ダーーー!!(^-^)

何故か急に頭の中アントニオ猪木になる。

という訳で、明日はブログお休みかもしれません。

お休みなさい。


2016年7月12日 (火)

再会



外画の現場にて伊藤健太郎さんと十数年振りに再会!

まだ僕が俳優座入って間も無い頃、健太郎さんの所属されていた劇団に客演させて頂いた以来です。

てらそままさきさんや足立由夏さんとも十数年振り。

思い出話の尽きない現場でした。感謝。

根気良く続けよう。

もっともっと色んな人に会いたい。再会したい。

2016年7月11日 (月)

親族キャスティング

久々の劇団総会

劇団員、研究生、スタッフ全員が集います。

座内の諸問題の議論や、各部報告等。

演劇会全体の集客が落ちている今、皆でアイデアを出し合い、いかに劇団に活気を持たせるかを考えます。

皆一生懸命です。

真面目に話を聞きながら、いつも密かに楽しんでいる事があります。

もし、この全員が家族だったら、この人はお爺ちゃん、お婆ちゃん。お母さん、お父さん、親戚の叔父さん、叔母さん、従兄弟達、、、

と、勝手に全員を親族キャスティングする事。

勿論、意見の合わない人もいます、生意気な後輩もきっといるでしょう。

でも全員が家族だとしたら、と考えると、

紛糾した議論のやり取りも、何だか大切な時間に思えるのです。(^-^)

2016年7月 9日 (土)

少雨決行



雨が続きますね。。

しかし馬術訓練は少雨決行です。

途中、かなり大粒の打ちつける程の強さになったが、馬にとっては雨粒よりも、馬場に水溜りが出来る方が危険だとの事。

早目に切り上げ終了。

人馬共にズッブ濡れになりました。

駆歩の維持が出来るなら、外乗りが楽しいですよ、と教えて貰った。

馬場を出て自然の中を駆ける。

確か九十九里辺りで外乗りが出来るクラブがあると聞いた事がある。

浜辺を馬で走れるらしい。

まさにあれではないか!

暴れん坊将軍!

やってみたい。(^-^)

2016年7月 8日 (金)

オッサン



目標を定めたならただガムシャラに突っ走るのではなく

その道程をしっかり楽しみたい。

20代、30代は兎に角、人と会うことが苦手やった。

今考えると勿体ない事やと思う。

オッサンになるのは意外に楽しい。

体力や、己の才能の限界を垣間見た時、やっと素直になれた気がする。

素直になった途端に、また新しい道が広がった。

ありゃ、限界やと思ってたのに。。。

また一からやり直し。

オッサンはいちいち絶望しない。

オッサンは希望だけを見ている。

もう人生の折り返しやから、どんどん若返っているのかもしれない。

一度しか話した事のない友に、

また会いたいと思う。

2016年7月 7日 (木)

古い古い稽古場の地下


我が座のホープ達、俳優座研究所28期のソング発表会に行って参りました。

研究生が劇団員達に向けて日頃のレッスンの成果を披露するプチ発表会。

自分も研一の時、歌いました。

18年前です。。。そら歳もとるわ。。

さて、発表会。

28期の個性豊かな後輩達、頼もしい!

個人的には「暗い柳の木立ちのかげ」という歌が、ちょっとした事件でした。

背中に稲妻が走ったのは本当に久し振り。

歌詞の世界観とメロディ、とつとつとシンプルに歌われる程、広がるイメージに目頭が熱くなりました。

若さゆえの、危うさ、儚さ、あるいは過ち、それを優しく見守る様な旋律。

帰って調べてみるとブレヒトなんですね。

曲は萩京子さん。

初めて聞きました。不勉強。。。

もし、この曲を大卒で直ぐ聞いてたら、確実に「こんにゃく座」の門戸を叩いてたと思います。

落ちてたやろうけど。。。(*_*)

ええ歌やなぁ。

久し振りに魂を揺さぶられる経験をしたのは、オペラ座でもなく、国立劇場でもない、

古い古い稽古場の地下での出来事でした。







2016年7月 6日 (水)

殺陣

目黒側沿いの稽古場へ。

殺陣、面白いです。切っ先の無言の会話。
あ、上手な人のね。私のは稽古場の隅っこで独り言レベル。。。基本の型を勉強中。
不思議と和物、時代物の芝居と縁がなく遅咲きのスタート。勿論、役の有無に関わらず勉強しておくべきだったと思います、
しかし!しかし!見事に縁が無かったのは事実です。
我が座は翻訳物がお家芸とはいえ、和物の演目も結構多かった筈。
なのに出演は翻訳物ばかり。オーシーノ、アンドレイ、デミトリー、、、。
明らかにオーシーノというよりは田吾作顏なんですけどね。
でも言い訳は出来まへん。
Just do it.
芝居始めた頃の自分が尻を叩いてくる。

2016年7月 4日 (月)

42歳の誕生日



7月4日、本日、42歳の誕生日を迎えました。

初舞台は11位やったから30年近く芝居に関わっておることになりますね!!(*_*)

恐ろしや。

思い描いていた大人像とは随分かけ離れておるけれど、

健康で細々ながら役者でやってます。

写真の「日本のいちばん長い日」以来、少しずつ仕事が広がりつつあります。

来年!乞うご期待です。

両親、兄貴、劇団のみんな、お客様、僕を映像に、声の現場に起用して下さった皆様、そしてこのブログを温かく見守って下さっている皆様、

本当に本当に

本当に

感謝です!!!!!!!

2016年7月 3日 (日)

ハリーとトント

51f2ejxszol早起きして午前10時の映画祭へ。

今回は「ハリーとトント」
以前自分が生まれた年の映画を調べていた時に観た作品です。
僕が生まれた1974年は稀に見る名画ラッシュの年。
「ゴッドファーザー・パート2」「チャイナタウン」「タワーリング・インフェルノ」「盗聴」「こわれゆく女」「アリスの恋」「オリエント急行殺人事件」。。。
どうでしょう?このラインナップ。全て映画史に名を刻む名作揃い。
この大混戦の当たり年にオスカー主演男優賞を獲得したのは、俳優というよりはコメディアンとして名を馳せたアート・カーニーでした。
齢56。72歳の老人ハリー役を見事に演じています。
トントとは飼い猫の名前。取り壊されるアパートから子供達の家に世話になりに行くという単純なストーリーの構造をロード・ムービーへと昇華させる重要な登場人物です。
NYでの生活、友人の死、子供達家族との不和、セリフの中で度々引用される「リア王」のごとく放浪を繰り返しながら自分の居るべき場所を探し旅をします。
はたしてハリーは安住の地を見つける事が出来るのか。。。
華やかな名画の時代にひっそりと咲く佳作です。
是非ともご覧になってみて下さいね。

2016年7月 2日 (土)

実は、、、

昔はミュージカル俳優を志しておりました。

最初に触れた舞台がそれだったから。
今でも歌は好きです。
最近、FBで昔お世話になった方と繋がったら、
すんごい貴重映像をご紹介頂きました。
僕が「歌い踊る」激レア映像です。
2005年の舞台です。

2016年7月 1日 (金)

挫折。。。



ここ二、三日、引っ越し予定のアメブロと向き合っておるのですが。。。

四十を過ぎると駄目ですね。。。パソコン全然分からんです。。。(*_*)

不具合多いけど、このまま使い慣れたココログで行こうかなぁ。。。

お騒がせして申し訳ありませんです、引っ越し挫折しそうです。。。


読者の皆様、いつもコメント頂き有難うございます!

公開、非公開問わず全て目を通して励みにしております。

非公開のコメントにも是非お返事させて頂きたいので、もし宜しければ携帯から閲覧の方は一旦PC表示にして頂ければサイドバーに「メール送信」欄がございますので、そちらからメールして頂けると嬉しいです。

FBも細々ながら再開致しましたので、お友達申請して頂くのも大歓迎です。

宜しくお願い致します!(^-^)





« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト