出演情報、今までとこれから

劇団俳優座公式WEBサイト

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月29日 (土)

ニクいぞ



この白ポストに見覚えは?

なんと直虎の乗馬訓練した駅と今回の映画のロケ現場同じでした。

こんな事ならウチにある有害図書を持参すべきだった。

しかし如何に普段ボッーと生きているかよく分かる、

特急を降りてワクワクしながらホームを歩き、改札出るまで同じ駅やと気が付かへんとは。

撮影はナイト、

人生初の甲冑フル装備に着替え待機。

撮影場所の一面ススキの平原に移動。

まだこの頃は山の稜線が美しく見えていた。

仕込み待ちの内に食事となり、ロケ弁当広げた辺りから日が落ち急激に暗くなり始めた。

あれよあれよと青白い闇、街中の日没とは比較にならない急激な変化。

白いシューマイは分かるが、さっきまであった筈のハンバーグがもう見えない。

カマボコだと思って白飯と一緒に頬張ったオカズはロールケーキだった。

ハンバーグとポテトサラダの間とは、ポジション取りがニクいぞ、ロールケーキ。

暗闇の中でのロケ弁。

やっとロケ車が到着してハイビームで照らしてくれたが、軽い闇鍋気分を味わった。

寒い。

極寒の撮影。

アップしたのは23時。

また一つ肩の荷がおりた。(^-^)




2016年10月28日 (金)

魔の3分



新宿11:00発の特急に乗って山梨へ。

本日からいよいよ映画ロケ。

電車がゆるりと動き出した11:03、

「本日撮影延期」のメール。

「もう出発しましたか?」

はい、まさに、、、。(*_*)

というわけで、

明日からの撮影となりました。

頑張りマッスル。

魔の3分。

2016年10月27日 (木)

落胆と感動



代田橋駅近くに水道局があるのをご存知だろうか?

正確には和田堀給水所というらしい。

古城を思わせるレトロな外観。

取り壊しになるのが至極残念。

井の頭通りを突き当たる位置にあるこの古城は

長く妄想の種として自分の中にあった。

7号線沿いから井の頭通りの突き当たりを見ると、ちょうど河原の土手の様に見える場所がある。

結論から言うとそれは和田堀給水所の外壁なのだが、

どうしても土手に見える。

高円寺通いの度に、

いつかあの河原に行ってノンビリしてやろう、と妄想していた。

しかし行きは急ぎ、帰りは疲労で、たかが数百メートルを曲がれずにいた。

ふとした拍子にいよいよ角を曲がり突き当たると、土手は円形に道を誘う。

正門からみたこの古城を見た時の落胆と感動。

取り壊しを控え、まだ外観を保ってはいるが、

主人を失った古城はますます物悲しく美しい。

2016年10月26日 (水)

夏目友人帳



七転び八起き俳優、田中美央です。11月1日テレビ東京他にて放送される「夏目友人帳 伍」第五話「結んではいけない」に妖役でゲスト声優出演致します。深夜帯の放送ですが、是非ともご覧下さい。宜しくお願い致します!!(^-^)

2016年10月23日 (日)

ちょっと勿体無い気がするのだ。

10代の頃、片思いの異性を思い出しては脳内デートばかり想像していた。

それは眠りにつく狭間の至福の時間だった。
しかし現実は想像とは大きく違った。
振られ続け、あまりに頭にきて、こう思った、
もう想像する事はやめよう。現実に起こり得ないことをいくら想像しても虚しいだけだと。
アクション映画を観ていて、あまりに物語に同調しすぎて冷や汗をかいたり、動悸が早くなったり、心が忙しすぎて物語に集中出来なくなっている自分がいた。
映画一本見るにもクタクタになるのでこう考えた。
待てよ、主人公なんだからどんなに危ない目に会おうと絶対に死なないのでは?
それ以来、ハラハラする事は少なくなった。
今でも妄想癖や同調癖はあるけれども、
あそこで歯止めをかけなかった方が良かったのではないかな。
今より面白い大人になっていたかも。
ちょっと勿体無い気がするのだ。

先日、子供時代に通っていたミュージカルスクールの友達が東京から関西に拠点を移す事になり、飲んできました。

それも一つの大切な選択、心からエールを送りたい。
以前にも書いたが都心から離れられる事は内心、羨ましくもある。
この歳になってから連日お仕事をさせて頂いて事は本当に有難い。
もしも実際、関東にちゃんとした拠点を持てるなら、もう少し生活も楽なのかもしれないと考える事もある。
30代の頃だったか、
両親が関西の家を引き払い、関東に引っ越すのもいいのでは、と考えていると話してくれた事があった。
その家を拠点に出来れば、私ももう少し楽になるかもしれないと。
でも私はそれには反対した。
その日暮らしの自分の側よりも、ちゃんと働いている兄貴の側にいてもらった方が安心だったから。
そして、深夜バイトに明け暮れ、とても役者とは言えない生活を送っている姿を見られたくなかった事もあったのかもしれない。
この申し出に反対した事は、今も大きな棘となって私の心の中にある。
今より楽になっていたかも、という打算よりも、どんな惨めな姿でいようと、両親の側にいるべきだったのではないかと、
苛まれる事がある。
でも
どんなに離れていようと家族への愛情は変わらない。
手を合わせて拝むときは、いつも家族の健康を祈願する。
両親の教えの上に今自分は立っていて、
決断し生きている。
だから、みといてや。
頑張るさかいに。(*^-^)

2016年10月20日 (木)

負けない特技



迷うと悩むといつもここ

この公園

今、最も欲しいもの、

表現力

もっともっと深い

想い

でもね、元気です。

何故ならまだ知らない事が沢山あるから。

あ、負けない特技まだありました、

絶望しない事、

恥ずかしいと思わない事、

いっつも笑ってる事。(^-^)





2016年10月15日 (土)

飛び込め〜

明日は収録!

この3日間、考えるに考えた!

これでアカンならもうしゃーなし。(*_*)

「下手なりに心で演じる。」

明日はシバかれに行くつもりで行きます!

飛び込め〜(^-^)

2016年10月14日 (金)

実験



実験してみた。

実際の役者の英語の台詞を聞き取り、高くなったり語気を強め強調している単語をチェックして、日本語の台詞でも同じ単語を強調してみる。

当然、英語と日本語の文法の違い上、単語が立つタイミングは変わってくる。

英語の台詞ではヘッドアクセントになっていも、日本語に置き換えてみると言葉尻にアクセントが来る事もある。

英語の台詞に実際にアテて(重ねて)話してみると、台詞の持つリズムが随分違う事に気が付く。

しかし有益だったと思うのは、

◯平坦になりがちな台詞に動きを付けられる。

◯自分自身の喋り癖に縛られず、新たな言い回しが生まれる。

◯実際の役者の演技の意図に近い台詞運びになる。

専門学校では当たり前の基礎の基礎かもしれないが、自分で試行錯誤し見付けるしかない。(*_*)

収録まで後1日、足掻くぞ〜。





2016年10月13日 (木)

一時停止!



一時停止!

よーく見たら映画予告にチラッと映ってました。(^-^)

一番左端です。

今まで気が付かんかった。。。

「海賊とよばれた男」

いよいよ12月10日から!

堤真一さんと共演しております。

お楽しみに!

2016年10月12日 (水)

折り返し。



アフレコのVチェックに行って参りました。

大役。。。(*_*)

頑張るですよ。来年公開の映画です。

お楽しみに。(^-^)

ビルの高層階からみる月と街の景色。

もっと夜景な筈が、アイフォンさん、なかなか明るく撮ってくれますね。

眼下を私鉄が走る。

以前はよく利用していた電車。

気付けばもう人生の折り返し。

闇雲に特急電車でここまで来たから、

帰りは各駅停車でゆっくりと景色を見たい。



2016年10月11日 (火)

どうなりますかな。

暫く空けてしましたー。

申し訳ございません。
暫く記さない時は仕事でテンパっている時ですので「おっ、頑張っとるなあ。」とご想像いただけると有難いです。
勝手なことを言うてますが、さて、11月の稽古まではアニメとアテレコのお仕事を中心に頑張ります。
その前に、、、最も胃が痛い映画のお仕事があります。
もう撮影を終えた共演者から「大変やで〜。」と脅されておりますので、ほんま今からドキドキしておるです。(゚ー゚;
天気もずっと崩れていましたからね、当初の予定から変わって来ているのでしょう。
詳細が見えるまでは気が抜けません。。
先日、オトンが70歳になりました。
母ももうすぐ70。
はよ会いたいです。
映画のロケ場所が関西方面なら、ちょこっと帰れるんやけど。
どうなりますかなあ。

2016年10月 5日 (水)

乗っ取られた!



どわー!!!

ツイッターのアカウントが乗っ取られた〜!!!(*_*)

だ、誰が、、、何の為に、、、!!

乗っ取た人、言うとくが金なら無いぞー。

自分でも笑てしまう位にね(^-^)

さぞガッカリされたのではなかろうか。


2016年10月 4日 (火)

前に前に。



ライフワークの一つ「ふたごの星」が終わってしまった。

心ポッカリ隙間風。

やらなあかん事山積みやけど、

少し浸らせて欲しい。

何も手に付かない、

そんな日があってもいいか。。。

と、思いながらも台本チェック。

難しい役どころが来る度に、演技のチェックをしてくれるマネージャー。

仕事はもう自分一人の問題ではない。

皆んなが支えてくれる、耳を傾けてくれる、

一人一人の顔を思い浮かべながら、

前に前に。




2016年10月 2日 (日)

ラスイチ



ふたごの星、一般回、終了です。

残すは貸切一回のみ。

ふたごとも暫くお別れです。

四年越しのお芝居、毎年、夏の終わりにはこのお仕事があるんやと、心の支えになっていた舞台です。

来年あるかどうかは、まだ決まっていませんが、信じて千秋楽を思い切り楽しむ所存です。

来年は、

全く未知の一年。

直虎の撮影はどの位ハードになるのか、声の仕事は継続出来るのか、、、

全くもって分かりません。

怖いけど、不安やけど、楽しみでしゃあない。

そしてクランクアップの9月には、また「ふたごの星」が出来るんかどうか。

ホンマにどうなるんやろうか?

何にせよ、

共演者並びにスタッフの皆様、演出家の佐藤信さん、

本当に有難うございました。

ラスイチ、

いざ開幕です。(^-^)

2016年10月 1日 (土)

よろしくお願いいたします!!!

Img_5331_2ご無沙汰してしまいました。

公演、収録と頑張っております。
一つのご縁がゆっくりと広がっていく、感謝の毎日です。
「ふたごの星」を観に来てくれたバイト仲間が「結局美央さんんは今後どうやって行きたいの?」と聞いてきた。
それはね、正直俺が聞きたいくらいやねん。。。
舞台俳優に映画、声優、ナレーションと今はお話が繋がってあれもこれも全力で挑んでるけど、いずれ出来る事、出来ない事が自分で分かってくる気がする。
得意な事、不得手な事、誰しもあると思う。
それを自分でも確かめてみたい。
自分でも楽しみでしゃーない。
全部やれるんやったらそら全部やりたいけど、
毎現場、頭を打ってばっかりですわ。
魅力的な役者さんと共演するたびに落ち込んだり、悔しかったり、やきもち焼いたり。。。
苦しい事や、辛い事自体を「楽しい!」と感じる事は出けんけど、
その中に「オモロイ!」を必ず見つける事が出来る。
それだけは自信あります。(*^-^)
今後もこんなアホ役者の七転八倒をどうか応援してください。
よろしくお願いいたします!!!!

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト